道の駅クロスロードみつぎ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
クロスロードみつぎ
クロスロードみつぎ
所在地 722-0342
広島県尾道市
御調町大田33
座標
登録路線 国道486号
登録回 第17回 (34011)
登録日 2001年平成13年)8月21日
開駅日 2002年(平成14年)11月9日
営業時間 9:00 - 19:00
外部リンク
国土交通省案内ページ
全国道の駅連絡会ページ
公式ウェブサイト
テンプレート プロジェクト道の駅

道の駅クロスロードみつぎ(みちのえき クロスロードみつぎ)は、広島県尾道市御調町大田にある国道486号道の駅である。

沿革[編集]

2001年平成13年)に登録され、2002年(平成14年)に開駅。 尾道市の指定管理施設で運営会社は株式会社みつぎ交流館。

年表[編集]

施設[編集]

駅舎外観
  • レストラン(野の葡萄)
    • ビュッフェ(バイキング)形式
    • 11:00 - 16:00 (LO 15:00)
  • 物産売店(ほっとマルシェ)
    • 9:00 - 19:00
  • 野菜市
    • 9:00 - 17:00

上記3施設は、毎月第4火曜日と年末年始が定休日(祝日の場合は営業)

  • 休憩所
  • 情報コーナー
  • 乳幼児用施設 : ベビーベッド

隣接施設[編集]

みつぎ子ども図書館「すくすく」
  • いきいき公園 & 芝広場 : 子供広場、子供遊具施設
  • みつぎ子ども図書館「すくすく」

また、施設に隣接してガソリンスタンドがある。

アクセス[編集]

バスターミナル[編集]

本施設にはバスターミナルが併設されている。高速バスおよび尾道市御調町に発着または経由するすべての一般路線が乗り入れており、尾道市御調町を代表するバスターミナルとなっている。なお、停留所の名称はクロスロードみつぎである。

高速バス[編集]

路線バス[編集]

中国バス
  • 尾道 - 市 - 甲山線
  • 福山 - 新市 - 府中 - 市 - 尾道線、如水館
  • 市 - 津蟹 - 垣内線
    • 三原駅方面(垣内で乗り換え)
  • 市 - 菅 - 目崎線
  • 市 - 綾目 - 山岡線

送迎バス[編集]

尾道ふれあいの里
  • 東尾道駅 - 道の駅クロスロードみつぎ - 尾道ふれあいの里

周辺[編集]

公共施設[編集]

  • 尾道市役所御調支所 (御調町市)
  • 尾道市役所市公民館 (御調町市)
  • 御調町民体育館 (御調町市)
  • みつぎいこい会館 (御調町大田)
  • 尾道警察署御調駐在所 (御調町大田)
  • 尾道市消防局尾道消防署御調分署 (御調町大田)
  • 御調郵便局 (御調町大田)
  • 広島銀行御調支店 (御調町大田)
  • 広島県立御調高等学校 (御調町神)
  • 尾道市立御調中央小学校 (御調町市)

観光[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ “重点「道の駅」に選定されたクロスロードみつぎ、尾道市長「地方創生の核に」 広島”. 産経新聞 (産業経済新聞社). (2015年2月27日). http://www.sankei.com/region/news/150227/rgn1502270043-n1.html 2015年4月19日閲覧。 
  2. ^ 地域活性化の拠点を形成する重点「道の駅」を選定しました”. 国土交通省 (2015年1月30日). 2015年12月23日閲覧。
  3. ^ “道の駅みつぎ 新装オープン”. 中国新聞 (中国新聞社). (2015年4月17日). http://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=148035&comment_sub_id=0&category_id=110 2015年4月19日閲覧。 
  4. ^ 照源寺〔浄土真宗〕”. 一般社団法人 尾道観光協会. 2015年4月19日閲覧。
  5. ^ 圓鍔勝三彫刻美術館”. 尾道市. 2018年1月17日閲覧。
  6. ^ 御調歴史民俗資料館”. 尾道市. 2018年1月17日閲覧。
  7. ^ 天然温泉 尾道ふれあいの里”. 一般社団法人 尾道観光協会. 2015年4月19日閲覧。

関連項目[編集]