道の駅伊豆ゲートウェイ函南

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
伊豆ゲートウェイ函南
Michinoeki Izu Gateway Kannami.jpg
所在地 419-0124
静岡県田方郡函南町
塚本887-1
座標
登録路線 国道136号
登録回 第46回 (22024)
登録日 2016年10月7日
開駅日 2017年5月1日
外部リンク
国土交通省案内ページ
全国道の駅連絡会ページ
公式ウェブサイト
テンプレート プロジェクト道の駅

道の駅伊豆ゲートウェイ函南(みちのえき いずゲートウェイかんなみ)は、静岡県田方郡函南町にある2017年5月1日に開業した国道136号道の駅である[1][2][3]

概要[編集]

平成26年度制定重点道の駅伊豆道の駅ネットワーク」の一つであり、川の駅(狩野川塚本地区河川防災ステーション)が隣接する道の駅である[4]。PFI事業の道の駅であり、PFI事業者が開業から15年間管理運営を行う[5]

2019年4月27日に川の駅施設がオープンしている。

なお、川の駅駐車場を伊豆中央道から伊豆縦貫道沼津方面への道の駅駐車場として案内しており、道の駅施設と川の駅施設は展望歩道橋により連絡されている。

施設[編集]

  • 駐車場 : 113台
  • トイレ : 31器
  • 交通情報案内施設
  • 観光情報案内施設
  • 物産販売所
  • 飲食施設
  • コミュニティ広場
  • 展望歩道橋
  • 受水槽
  • 防災倉庫
  • 非常用発電設備
  • 急速EV充電設備2台
  • 駐輪場
  • セブン-イレブン伊豆ゲートウェイ函南店
  • 伊豆ゲートウェイ函南 i-studio

川の駅伊豆ゲートウェイ函南[編集]

  • 駐車場 : 46台(災害時用ヘリポート)
  • 水防多目的センター
  • 広場
  • ドックラン

周辺[編集]

備考[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 伊豆半島の玄関口 道の駅「伊豆ゲートウェイ函南」開業”. 静岡新聞 (2017年5月2日). 2017年5月7日閲覧。
  2. ^ 函南「道の駅」起工 2017年5月開業目指す”. 静岡新聞 (2016年6月2日). 2017年1月7日閲覧。
  3. ^ 「伊豆ゲートウェイ函南」道の駅登録 17年5月開業へ”. 静岡新聞 (2016年10月8日). 2017年1月7日閲覧。
  4. ^ 函南町に「道の駅」来年度オープン 「伊豆ゲートウェイ函南」 静岡”. 産経ニュース (2016年10月8日). 2017年1月25日閲覧。
  5. ^ 静岡県函南町/川の駅・道の駅PFI/事業者に加和太建設グループ”. 日刊建設工業新聞 (2015年3月26日8面). 2018年11月14日閲覧。

関連項目[編集]