道の駅湧水の郷しおや

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
湧水の郷しおや
道の駅湧水の郷しおや
登録路線 国道461号
登録回 第37回 (09020)
登録日 2012年3月26日
開駅日 2012年6月23日
所在地 329-2441
栃木県塩谷郡塩谷町
大字船生字上桜3733-1
座標
外部リンク
国土交通省案内ページ
全国道の駅連絡会ページ
 
テンプレート プロジェクト道の駅

道の駅湧水の郷しおや(みちのえき ゆうすいのさと しおや)は、栃木県塩谷郡塩谷町にある国道461号道の駅である。

尚仁沢湧水にちなんだ名称であり、外観は船村徹が塩谷町出身であることから、ピアノの鍵盤をモチーフとしている[1]

施設[編集]

  • 駐車場
    • 小型車:95台
    • 大型車:6台
    • 身障者用:3台
  • トイレ(いずれも24時間利用可能)
    • 男:7器
    • 女:6器
    • 身障者用:1器(オストメイト対応)
  • 地域交流センター(9:00-17:00)
  • 農村レストラン(11:00-15:00)
  • 農産物直売所(9:00-17:00)
  • 無料休憩コーナー
  • 情報発信コーナー(9:00-17:00)
  • 自動販売機
  • 屋外広場
  • 体験農園
  • ピアノ展示(船村徹が幼少期に使用したもの)

休館日[編集]

第1・3火曜日、年末年始

アクセス[編集]

周辺[編集]

出典[編集]

  1. ^ 読売新聞栃木版 2016年11月27日 35面掲載。

関連項目[編集]