道の駅阿武町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
阿武町
道の駅阿武町
登録路線 国道191号
登録回 第1回 (35001)
登録日 1993年4月22日
開駅日 1993年10月
営業時間 9:00 - 17:00
所在地 759-3622
山口県阿武郡阿武町
大字奈古2249番地
座標
外部リンク
国土交通省案内ページ
全国道の駅連絡会ページ
公式ウェブサイト
 
テンプレート プロジェクト道の駅
2014年リニューアル前の道の駅

道の駅阿武町(みちのえき あぶちょう)は、山口県阿武郡阿武町奈古にある国道191号道の駅である[1]

概要[編集]

2010年平成22年)7月より、第3セクターの株式会社あぶクリエイションにより運営され、夕刻には日本海に沈む美しい夕日を眺めることができ、自慢の一つとなっている。

1991年平成3年)10月に岐阜県付知町(現中津川市)の「花街道付知」らと共に旧建設省(現国土交通省)による道の駅の実験施設としてオープンし、1993年(平成5年)4月22日に道の駅第1回登録の103箇所に選ばれる。 ここを「道の駅発祥の地」と呼ばれる[1]のは、これらの理由からである。なお、「道の駅発祥の地」については新潟県道の駅豊栄(実際に「道の駅発祥の地」の石碑がたっている)をはじめとして諸説がある。

施設[編集]

  • 駐車場:144台
    • 普通車:134台
    • 大型車:6台
    • 身障者用:4台
  • トイレ
    • 男:大 2器、小 3器
    • 女:4器
    • 小児用:大 2器、小 2器
    • 身障者用:1器
  • 公衆電話:3台
  • レストラン 憩(11:00 - 20:00))
    この近郊でのみ飼育されている無角和牛の焼肉や地元の漁港で獲れた鮮魚を使った海鮮料理などが味わえる。
    手作りの「びーびーコロッケ」(いわゆるぎょろっけ)の人気も高い。
  • 物産品直売所(9:00 - 18:00)
  • 産直市場「あぶ産直市」(8:00 - 15:00(平日)、8:00 - 17:00(土日祝))
  • 温泉(日本海温泉「テルメ阿胡」)(11:00 - 21:00)
  • 温水プール
  • 休憩施設
  • 情報コーナー
  • 郵便ポスト奈古郵便局

休館日[編集]

  • 年中無休(物産品直売所)
  • 毎週火曜日(情報コーナー、あぶ産直市)
  • 第1・3水曜日(レストラン、温泉)

アクセス[編集]

周辺[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 川上敏文(2014年4月19日). “道の駅阿武町:リニューアル、あすオープン”. 毎日新聞 (毎日新聞社)

関連項目[編集]