道の駅高田松原

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
高田松原
陸前高田シーサイドターミナル
Roadside Station Takata-Matsubara after tsunami001.JPG
所在地 029-2205
岩手県陸前高田市
気仙町字土手影180番地(高田松原津波復興祈念公園内)
座標
登録路線 国道45号
登録回 第1回 (03002)
登録日 1993年平成5年)4月22日
開駅日 1991年(平成3年)7月
営業時間 9:00 - 18:00
(12月 - 2月 9:00 - 17:00)
外部リンク
国土交通省案内ページ
全国道の駅連絡会ページ
テンプレート プロジェクト道の駅
東北地方太平洋沖地震後の道の駅高田松原(2011年3月31日撮影)

道の駅高田松原(みちのえき たかたまつばら)は、岩手県陸前高田市にある国道45号道の駅である。愛称は陸前高田シーサイドターミナルおよびタピック45。2015年1月に重点道の駅に選定された[1]

2011年平成23年)3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震東日本大震災)の津波により被災し、長らく休館中であった。その後、本施設を含む一帯については、「高田松原津波復興祈念公園」の名称で再整備が進められ、2019年令和元年)9月22日に国営追悼・祈念施設の一部(祈りの軸、海を望む場、献花の場、奇跡の一本松)や東日本大震災津波伝承館とともに8年半ぶりに利用開始・再開された[2][3][4]

なお、旧施設については2021年(令和3年)度をめどに震災遺構として保存・公開される予定となっている[5]

施設[編集]

  • 駐車場
    • 普通車:140台
    • 大型車:33台
    • 身障者用:4台
  • トイレ
    • 56器
    • 身障者用:3器
  • 店舗・売店
    • 物産コーナー(9:00 - 18:00(12月 - 2月は17:00まで))
  • おみやげ
  • 産直(農・水産)
  • レストラン
    • まつばら食堂(10:00 - 16:00(ラストオーダー 15:30))
    • たかたのごはん(11:00 - 16:00(ラストオーダー 15:30))
  • 喫茶・軽食
    • すなば珈琲高田松原店(10:00 - 17:00(ラストオーダー 16:45))
  • 公衆電話
  • 休憩所
  • 情報コーナー
  • 公園
    • 高田松原津波復興祈念公園 国営追悼・祈念施設
  • 乳幼児設備
    • ベビーベッド、ベビーチェア 2か所

休館日[編集]

  • 無休

アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 地域活性化の拠点を形成する重点「道の駅」を選定しました”. 国土交通省 (2015年1月30日). 2015年12月19日閲覧。
  2. ^ 高田松原津波復興祈念公園における主要施設の一部利用を令和元年9月22日(日)より開始 (PDF)”. 陸前高田市・岩手県・東北国営公園事務所・国土交通省東北地方整備局 三陸国道事務所 (2019年7月26日). 2019年10月20日閲覧。
  3. ^ 岩手)道の駅「高田松原」新しく 8年半ぶりに再開”. 朝日新聞 (2019年9月15日). 2019年10月20日閲覧。
  4. ^ 陸前高田・道の駅「高田松原」が復活 プレオープンにぎわう”. 河北新報 (2019年9月16日). 2019年10月20日閲覧。
  5. ^ “<岩手県復興祈念公園>震災遺構の旧気仙中、旧道の駅 内部公開へ”. 河北新報. (2018年12月12日). https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201812/20181212_33009.html 2019年7月13日閲覧。 

関連項目[編集]