道三堀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
歌川広重画「八ツ見のはし」(名所江戸百景より)。手前の一石橋から道三堀に架かる銭瓶橋を望む。奥に道三橋も見える。

道三堀(どうさんぼり)は、天正18年(1590年)に、徳川家康の命により、江戸城へ物資を運ぶ船入り堀として、江戸城の和田倉門橋から平川(日本橋川)の河口の呉服橋門まで開削され、江戸湊まで続く運河。平川までは約1km余の長さで、人工の水路として江戸に初めて造られたである。南岸に幕府の侍医曲直瀬家2代目道三)の屋敷があったことから、道三堀と呼ばれた。江戸城への輸送路として活用されたが、明治43年(1909年)に埋め立てられた。[1][2]

位置[編集]

現在の皇居東にある和田倉門から辰の口(パレスホテル辺り)へ、さらに大手町交差点(大手町野村ビル付近)を経由し、呉服橋交差点辺りまで横断し、東京駅の北側辺り(常盤橋プロジェクト付近)で平川(日本橋川)に合流していた。道三橋、銭瓶橋などが架けられていた(銭瓶橋の名の由来は、開削の際に銭の入った瓶が出て来た、あるいはこの近辺で永楽通宝の両替が行なわれたことから銭替えから転じたなど、諸説ある[3])。

歴史[編集]

家康は1590年7月の江戸入り後、まず家臣が住む住居を整備したあと、8月に、江戸城普請の物資運搬のために道三堀を開削した。開削で出た土砂は埋め立てに利用された[4]。翌9月には町割に着手し、まず道三堀の北側に「本町」(現在の日本橋本町の一部、日本橋本石町日本橋室町)を造った。道三堀の両岸には、四日市町(定期市)、材木町、舟町、柳町(遊郭)などができて賑わった[1]日比谷入江が埋め立てられたあとも、江戸城への物資運搬路として活用された[5]

脚注[編集]

舞台になった作品[編集]

関連項目[編集]