道前平野

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
道前平野
(北方の永納山より望む)

道前平野(どうぜんへいや)は、中山川が形成した扇状地で、愛媛県東予地方の旧周桑郡丹原町東予市)の沖積平野である。「周桑平野」とも呼ばれ、加茂川が形成した西条平野とはその成り立ちから区別される。なお西条平野とは平地としては連続しているが、先述のとおり、その成り立ちが異なっており、一般的に中山川とその支流で形成された扇状地部分のみを指す。

地理[編集]

周桑郡(現在の西条市の西部)の大部分を占め、北は高縄山系に、南は四国山地に囲まれ、東を燧灘に接する。地形として、急な扇状地を成している。道後平野と同じように稲作が行われている。又、丘陵部では温州みかんをはじめとする果樹が栽培されている。