道南バス登別温泉ターミナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
登別温泉ターミナル 2007年11月

道南バス登別温泉ターミナル(どうなんバスのぼりべつおんせんターミナル)は北海道登別市にある道南バスの設置するバスターミナル施設。道南バスの郊外線・都市間バスが発着する。また、本項ではかつて北海道中央バスが設置していた「北海道中央バス登別ターミナル」についても説明する。

所在地[編集]

  • 北海道登別市登別温泉町

概要[編集]

窓口と待合室が設置されており、定期乗車券やバスカードの発券、定期観光バスの予約を取り扱う。札幌や苫小牧・室蘭より路線バスが乗り入れる。

発着路線[編集]

2010年4月1日現在。停留所名は「登別温泉」。

この他に登別温泉観光協会がチャーターする温泉街従業員専用バスが発着する。

北海道中央バス登別ターミナル[編集]

かつての所在地は登別市登別温泉町。登別万世閣の隣、道南バス登別温泉ターミナル向いに設置されていた。発券窓口と待合室が設置されていた。

  • 北海道の高速バスの先駆けとなった超特急のぼりべつ号(後に「高速のぼりべつ号」)が発着した。
  • 登別温泉の再開発によりバスターミナルは取り壊され、発着便は道南バス登別温泉ターミナルに振り替えられた。
  • 高速のぼりべつ号は2005年に苫小牧経由便が、2007年には直行便が相次いで廃止され、北海道中央バスの路線バスは登別温泉より撤退している。
  • 中登別には寮と車庫が設置されており、現在も観光バスや「高速むろらん号」の滞泊に使用されている。