道徳会館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
道徳会舘本壇

道徳会館(どうとくかいかん)は、宗教法人格を有する日本新宗教団体。

概要[編集]

中華人民共和国成立後、弾圧を受け台湾に逃れた一貫道諸派の内、『師母組一貫道』の信者(居士)だった在日華僑の王建東が、1953年名古屋市瑞穂区で分派独立した。

後に、無生老母(老ム)信仰から日本風の弥勒信仰に根本教義を変更したため、道徳会館側は一貫道との関係を否定している。

任意団体時代を経て1992年愛知県から宗教法人認証を受けたが、宗教教団情報データーベースや『新宗教 教団・人物事典』(共に財団法人 国際宗教研究所編)に公開された記載が無いので、現在の代表者名や信者数等の詳細は不明。

不殺生に基づく菜食等の戒律[要出典]があり、直営農場レストランを持つ。ブラジルインドミャンマーモンゴルにも支部を置く。