道新ニュース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

道新ニュース(どうしんニュース)は、北海道新聞が協力するラジオテレビニュースの名称である。

概要[編集]

ラジオは北海道放送HBCラジオ)・エフエム北海道(AIR-G')、テレビはテレビ北海道(TVh)・J:COM札幌などで放送されている。

テレビ北海道(TVh)[編集]

開局翌日となる1989年10月2日から、『TVh道新ニュース』の名称で日曜日を除く毎日放送されている夕方のニュース番組。過去には『TVh道新ニュースアイ』として放送されたり、平日分が『おばんでスタ!』に内包して放送されていた。2007年4月以降は全国ニュースNEWSアンサー』(月 - 金)、『TXNニュース』(土)の後に放送している。

2012年10月1日から2013年3月29日の平日版は『NEWSアンサー』終了直後の17:13に30秒間「今日のラインナップ」として伝える項目を紹介していた。

2013年4月1日からは正式に平日版の放送時間が2分拡大され、17:13開始に変更された。

天気予報はエンディングの中で放送され、当初は平日放送分のみ放送していたが、2013年4月以降は土曜版でも放送するようになった。

2016年11月7日より平日夕方枠に全国ニュース『ゆうがたサテライト』がスタートし、本番組も『ゆうがたサテライト〜道新ニュース〜』にリニューアル。土曜日は従来の『TVh道新ニュース』として継続されている。

放送時間[編集]

『おばんでスタ!』放送以前
月曜 - 金曜:17:15 - 17:30、17:40 - 17:55ほか
土曜・日曜:17:25 - 17:30
2006年4月3日 - 2007年3月31日
全曜日:17:25 - 17:30
2007年4月2日 - 2013年3月31日
月曜 - 金曜:17:15 - 17:25
土曜:17:25 - 17:30
2013年4月1日 - 2016年11月4日
月曜 - 金曜:17:13 - 17:25
土曜:17:25 - 17:30
2016年11月7日 -
月曜 - 金曜:16:50 - 16:54[1]・17:15 - 17:25
土曜:17:25 - 17:30

キャスター[編集]

キャスターは原則としてTVhのアナウンサーが交代で担当するが、土曜日はTVhの記者(または契約キャスター)が担当することもある。

2012年10月1日からの担当
小澤良太(月曜・火曜・金曜)
千葉真澄(水曜・木曜)
大藤晋司(土曜)
磯田彩実(不定期)
テレビ北海道 平日夕方のニュース
前番組 番組名 次番組
おばんでスタ!
(2003年4月から2006年3月まで)
TVh道新ニュース

ゆうがたサテライト〜道新ニュース〜
-
テレビ北海道 土曜日夕方のニュース
TVh道新ニュースアイ
(1999年10月9日から2000年9月30日まで)
TVh道新ニュース
-

北海道文化放送(UHB)[編集]

1972年4月1日の開局から1993年3月までは『道新ニュース』として放送されてきたが、同年4月より「UHBニュース(協力 北海道新聞社)」に変更。夜間のスポットニュース枠で『協力道新(きょうりょくどうしん)』の表現を用いる[2]が、放送内容は基本的にこれまでの『道新ニュース』時代と同じである。『協力道新』の表現は、かつては昼のニュース(『FNNスピーク』まで)にも用いられ、さらにオープニング映像にも『協力 北海道新聞』のクレジット表示がなされていたが、『FNNプライムニュース デイズ』からはテレビ欄とオープニング映像のクレジット表示がともになくなった。

なお、夜間のスポットニュースは原則としてUHBの自社制作で賄っており、フジテレビ発の『FNNニュース・明日の天気』(1998年3月29日まで)→『FNNレインボー発』(1998年3月30日から2014年3月31日まで)→『FNN NEWS Pick Up』(2014年4月1日から2015年3月29日まで)→『こんやのニュース』(2015年3月30日から2016年10月2日まで)→『ユアタイム クイック』(2016年10月3日から2017年10月1日まで)→『THE NEWSα Pick』(2017年10月2日から2018年3月31日まで)は『道新ニュース』時代の日曜日及び特別に重大な事件・事故等があった場合に限りUHBでネットされ、その際もオープニングとエンディングは『UHBニュース』に差し替えられていた。

オープニングは開局から数年間、道新の印刷工場での新聞製作現場[3]をバックにしたカラー映像にオーケストラ系のテーマ音楽を組み合わせていた[4]が、70年代後半から1982年頃までは別のカラー映像[5]に変わり、テーマ音楽もシンセサイザー[6]に変更された[7]。そして1980年代から1990年代前半までは、青地に曲線を幾重にも重ねたパターンのCGとともに、『道新ニュース』のテロップが現れる映像(テーマ音楽は引き続きシンセサイザー)となった[8]

北海道放送(HBCラジオ)[編集]

1952年3月10日の開局以来、主にラジオで使用している[9]

主に道新記事を扱う『道新ニュース』と、主に『JNNニュース』などで使われるニュースを扱う『HBCニュース』のいずれかを生ワイド番組内を中心に随時放送している(早朝・夜間を除き日中は概ね毎時00分頃及び30分頃)。

『道新ニュース』として放送されるのは平日9:30、11:00、12:00、13:00、15:00及び土曜・日曜の7:30。それ以外の時間帯のニュースは『HBCニュース』となる。なお、JNN記者リポート(録音)は平日16:00からの『夕刊おがわR』内で放送。

月曜日 - 金曜日の8時00分からはTBSラジオからのネット番組『話題のアンテナ 日本全国8時です』が放送される兼ね合いで『道新ニュース』が放送されないため、その前の7時50分から代替措置として『HBCニュース』を放送している。

原則として天気予報・交通情報と抱き合わせのため、ニュースは1項目から2項目程度しか流れない。

エフエム北海道(AIR-G')[編集]

  • 月-木曜 7:40/8:30/11:55/13:55/15:55/18:55
  • 金曜 7:35/8:20/11:55/13:55/15:55/18:55
  • 土-日曜 10:55★/11:55/14:55★/16:55/18:55(★は『AIR-G'ヘッドラインニュース』(後述)として放送)

1982年9月15日の開局から1992年3月まで『道新FMニュース』、1992年4月以降は『道新ヘッドラインニュース』の名称で放送している。なお、『JFNニュース』はネットしておらず、スポットニュースはAIR-G'の自社制作のみで賄っている。

AIR-G'のタイムテーブル上では北海道新聞が提供についており、ニュース終了後は北海道新聞や道新スポーツをはじめとした道新の関連刊行物及び道新が主催するイベントなどのCMが流れるが、オープニングの提供読みはなく、エンディングも単に『道新ヘッドラインニュース[10]を終わります』(声:油谷昭雄)のコメントのみである。

道新以外の協賛社も合わせて付く場合は、前述の道新関連のCMに引き続き協賛社のCMを流し、『道新ヘッドラインニュース、〇〇(協賛社)の提供でお送りしました』との提供読みが入る。

2006年頃から、一部時間帯のニュースについては『道新』の冠が取れて『AIR-G'ヘッドラインニュース』となっているものがあるが、この場合は道新関連のCMは放送されない。ただし他社(北洋銀行、タナカメディカルグループなど)協賛の場合はニュース終了後に協賛社のCMを流し、「〇〇の提供でお送りしました」の提供読み(声:油谷昭雄)が入る。

最終便ニュースは毎日20時55分[11]が続いていたが、その後20時55分の枠が廃止され、2017年現在は18時55分となっている。なお、国政選挙統一地方選挙当日の場合は、最終便ニュースの後に『道新開票速報』として正時前を中心に23時55分まで随時、北海道及び道外の注目選挙区の開票速報を放送するが、この開票速報の際もオープニングの『道新ヘッドラインニュース』のタイトルコール及びニュース内のBGMをそのまま使用する。

ケーブルテレビ[編集]

J:COM札幌のコミュニティチャンネル(J:COMチャンネル)にて、平日は1日6回・土日は5回『北海道新聞ニュース』(文字放送)を5分間放送している。これは前身の「札幌ケーブルテレビジョン」時代より続いている。 この他、旭川ケーブルテレビでも『道新文字ニュース』を放送している。

電光掲示板[編集]

北海道新幹線新青森 - 新函館北斗間)の車内電光掲示板『北海道新聞ニュース』としてニュース・天気予報を流している[12]

かつてはJR北海道特急列車[13]の一部及び快速「エアポート」uシート文字放送を行っており、主に道内ニュースを北海道新聞が提供してきた(『北海道新聞ニュース』クレジットが表示された)が、2016年9月30日をもってAIR-G'見えるラジオサービスを取りやめた[14]ことから流されなくなった。

脚注[編集]

  1. ^ 本番組第1部枠であるが、予告編扱い。
  2. ^ 北海道新聞と道新スポーツテレビ欄のみ表示。
  3. ^ 活版印刷の文字選択ボタン⇒テレタイプ輪転機に印刷される新聞。
  4. ^ 2012年放送の『UHB開局40周年記念番組』で放映。Youtube「UHB40周年特番より」(0分59秒から)も参照。
  5. ^ UHBの副調整室の時計⇒ミキサーVTRスポットライト⇒スタジオカメラ⇒当時のUHB社屋(時間によっては省略)。
  6. ^ FNNニュースレポート6:30』で1978年10月から1984年3月まで使用されたオープニング音楽を使用。
  7. ^ Youtube「道新ニュース」参照。
  8. ^ Youtube「道新ニュース(1987年2月15日お昼)」参照。なおこの音楽は東海テレビイブニングニュース630」(「600」ではない)のテーマ音楽と同じである。
  9. ^ 1972年4月にUHBが開局するまでは、テレビでも17時台に「道新ニュース」が放送されていた。
  10. ^ 1992年3月までは道新FMニュース。
  11. ^ 2002年3月までは22時55分にも放送していた。
  12. ^ 最上級席「本紙朝刊読めます」 北海道新幹線、電光掲示板でニュース提供も”. 2016年3月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月28日閲覧。
  13. ^ 車内電光掲示板を搭載した列車。ただしエル特急スーパーカムイ(当時)すずらんuシートのみ。
  14. ^ AIR-G’「見えるラジオ」ご利用の皆様へ

関連項目[編集]