道統論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

道統論(どうとうろん)は、儒教における聖人の伝授に関する議論。代、特に語られた。

概要[編集]

論語』堯曰篇にからへの伝授された言葉があり、『孟子』には治乱の歴史と500年のサイクルで王者が現れ、孔子が素王としてそれを継承しているとの説がある。これらにもとづき代中期以後、聖人の道の伝授に関する道統論が興った。

韓愈は『原道』で「堯→舜→湯王文王武王周公→孔子→子思→孟子」の系譜を掲げ、また不完全ながら道を伝えたものに荀子董仲舒揚雄を挙げ、宋代道統論の先駆者となった。

宋代になると韓愈を信奉する古文家の間で行われ、これに韓愈王通を加えた。

朱熹は荀子や韓愈らを斥け「…→孟子→周敦頤程頤程顥張載→朱熹」の道統論を唱え、自らの学の正当性を主張した。