道谷卓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

道谷 卓(みちたに たかし、1964年(昭和39年) - )は日本の法学者郷土史研究者。専門は刑事法学(刑事訴訟法学)。姫路獨協大学副学長人間社会学群長

兵庫県神戸市東灘区御影生まれ。兵庫県立御影高等学校関西大学法学部卒。 御影高校在学中に郷土史家田辺眞人に師事し、郷土史の研究をはじめる。神戸深江生活文化資料館の研究員でもある。

所属学会は日本刑法学会、日本犯罪社会学会、日本ニュージーランド学会(理事)。 その他社会活動として、法務省保護司(1995年 -)、法務省加古川学園 篤志面接委員(1999年 -)、大阪家庭裁判所 参与員(2005年 -)、兵庫県留置施設視察委員会 委員長(2007年 -)、姫路市安全安心推進協議会 委員(2007年 -)といった肩書きを有す。

経歴[編集]

著書[編集]

  • 『日本史の中の東灘』((財)神戸市民文化振興財団、1989年)
  • 『ザ・ひがしなだ 東灘の歴史の足跡をたどる』(神戸深江生活文化史料館友の会、1990年)
  • 『中央区歴史物語』(神戸市中央区、1990年)
  • 『新・中央区歴史物語』(神戸市中央区、1996年)
  • 『うはらの歴史再発見 ちょっと昔の東灘』(東灘復興記念事業委員会、2000年)
  • 『神戸歴史トリップ』(神戸市中央区、2005年) ISBN 9784990249304