道頓堀アリーナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
道頓堀アリーナ
情報
旧名称 デルフィンアリーナ道頓堀
大阪ミナミ ムーブ・オン アリーナ
完成 2007年
開館 2007年9月8日
開館公演 大阪プロレスの興行
閉館 2014年3月2日
最終公演 ダブプロレスの興行「道頓堀アリーナ THE FINAL〜明日また生きるぞ〜」
客席数 最大272席
設備 プロレスの試合会場
運営 道頓堀アリーナ
所在地 542-0074
大阪府大阪市中央区千日前1-8-21
アクセス Osaka Metro御堂筋線なんば駅 徒歩5分
Osaka Metro堺筋線日本橋駅 徒歩3分
関西本線JR難波駅 徒歩10分
近鉄奈良線阪神なんば線大阪難波駅 徒歩7分
南海本線南海難波駅 徒歩8分

道頓堀アリーナ(どうとんぼりアリーナ)は、かつて存在した日本プロレスの試合会場。

概要[編集]

  • 1階 : 正面側では後方席からの見やすさを考慮して段差が付けられている。
  • 2階 : 吹き抜けになっており、そこからの観戦も可能。
  • 音響設備 : 大阪プロレスのリングアナウンサーである宮尾信次郎がコーディネイトを担当してDJブースを設けるなど臨場感あふれる環境を構築
  • VIPルーム : 定員5名の個室を3部屋設置。
  • カフェ : モニターを設置して、あらゆるスポーツの観戦が可能。大阪プロレス時代は直営として営業していた。2013年9月、道頓堀プロレスにも協力しているカフェバーが移転して入居[1]

大阪プロレスの本社機能兼常設試合会場時代には大阪プロレスのグッズを販売するグッズショップも入居していた。

歴史[編集]

大阪プロレス常設試合会場[編集]

大阪ミナミ ムーブ・オン アリーナ
  • 2007年9月、フェスティバルゲート内に大阪プロレスの本社機能兼常設試合会場として開設していた大阪デルフィンアリーナをパチスロ店跡に移転させる形で大阪プロレスがデルフィンアリーナ道頓堀を開業。
  • 2009年5月、大阪プロレスの旗揚げ10周年を機に名称を大阪ミナミ ムーブ・オン アリーナに改称。
  • 2012年10月、施設の老朽化などを理由に閉鎖が決まりナスキーホール梅田に移転[2]。20日の大阪プロレス「Mアリファイナル」が最後の大会となる。

道頓堀アリーナ[編集]

  • 2013年5月、名称を道頓堀アリーナに改称してプロレスの試合会場としての機能が復活して復活興行第1弾として大阪プロレスを退団した空牙が自主興行「道頓堀プロレス」を15、16、23、30日の日程で開催[3]。運営は空牙と知己の人物が行っていた。
  • 7月7日、興行組織「道頓堀エンターテイメントシステム」の常打ちとして使用して事務所も道頓堀アリーナに同居[4]
  • 7月24日OSAKA女子プロレスを皮切りに他団体も興行を開催[5]。ナスキーホールと比べて一体感もあり使用料も安いことなどから多くのプロレス団体が興行を開催(中には一時期、ナスキーで開催していたのを鞍替えしたプロレス団体もある)[6]
  • 9月1日、道頓堀エンターテイメントシステムがプロレス団体化した道頓堀プロレスの旗揚げ戦を開催[7]
  • 2014年3月2日を最後に閉鎖が発表された[8]。当初は8月までの利用の予定だったが前倒しした。最終興行はダブプロレスの「道頓堀アリーナ THE FINAL〜明日また生きるぞ〜」。
  • 12月、クラブ「AGEHA OSAKA」がオープンしてダブプロレスが不定期興行を開催していた。
  • 2015年10月、突如閉店[9]

主な興行を開催したプロレス団体、プロレスプロモーション[編集]

大阪プロレス常設試合会場[編集]

道頓堀アリーナ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]