道頓堀人情

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

道頓堀人情(とんぼりにんじょう)は、若山かほるが作詞、山田年秋が作曲した楽曲。

1984年鏡五郎のオリジナルアルバムに収録されたのが初出。その後1985年から1986年にかけ、天童よしみ姿憲子平和ラッパ・日佐丸などレコード会社7社の競作となった。

発売した歌手[編集]

ディスコグラフィー
アーティスト 形態 レーベル 規格番号 リリース 備考
鏡五郎 シングル キングレコード K07S-10078 1986年1月1日 オリジナルアルバムからのシングルカット。
B面はカラオケ
天童よしみ シングル テイチクレコード RE-703 1985年12月16日 B面「大阪そだち」
姿憲子 シングル 日本クラウン CWA-337 1985年 B面「浪花の阿呆鳥」
平和ラッパ・日佐丸 シングル 日本コロムビア AH-715 1985年 B面「人生は唄ごころ」
人長作 シングル RCA RHS-231 1985年12月16日 B面「雪ぼたる」
大江裕 アルバム 日本クラウン CRCN-20364 2010年4月7日 『演歌大将 大江裕〜日本列島 歌飛脚I』
歌恋 アルバム ビクターエンタテインメント VICL-63821 2011年11月23日 『カレンの「演歌がいっぱい3」』
水城なつみ アルバム キングレコード KICX-980 2016年5月25日 『ウタツグミ』
水田竜子 アルバム キングレコード KICX-1050 2018年2月7日 『旅うた VOL.5 デビュー25周年記念』

天童よしみのシングル[編集]

道頓堀人情
天童よしみシングル
B面 大阪そだち
リリース
規格 シングル
ジャンル 演歌
レーベル テイチクエンタテインメント
作詞・作曲 作詞:若山かほる、作曲:山田年秋
天童よしみ シングル 年表
任侠會津部屋
(1984年)
道頓堀人情
(1985年)
妻恋酒
(1986年)
テンプレートを表示

1985年12月16日に、天童のテイチクレコード移籍第一弾シングルとして発売された。

北は北海道から南は福岡県まで1ヶ月で300件もの営業をこなし、有線放送からじわじわと人気となり、結果ヒット作となった。

NHKの『NHK紅白歌合戦』では、2000年第51回2008年第59回2回歌唱されている(このうち、第51回は天童自身初の紅組トリでの歌唱となった)。

前述のとおり、鏡五郎が先んじてこの曲を発売しているが、天童の方が知名度が高い。

天童の「道頓堀人情」は累計50万枚以上を売り上げた[1]

収録曲[編集]

  1. 道頓堀人情
    作詞:若山かほる/作曲・編曲:山田年秋
  2. 大阪そだち
    作詞:水木れいじ/作曲:四方章人/編曲:山田年秋

脚注[編集]

  1. ^ 朝日新聞』1997年12月17日付夕刊、15頁(大阪)。