遠い夏の日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
遠い夏の日
ジャンル テレビドラマ
放送時間 水曜 22:00 - 22:45(45分)
放送期間 1971年10月6日 - 1972年2月16日(20回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 関西テレビ
松山善三プロダクション
演出 松山善三
脚本 松山善三
出演者 田村高廣
小山明子
伴淳三郎
小柳久子
毛利菊枝
志垣太郎
ほか
テンプレートを表示

遠い夏の日』(とおいなつのひ)は、1971年10月6日から1972年2月16日までフジテレビ系列局で放送されていたテレビドラマである。関西テレビ松山善三プロダクションの共同製作。三菱グループの単独提供。全20話。放送時間は毎週水曜 22:00 - 22:45 (日本標準時)。

終戦直後の学校を舞台とした作品。

出演者[編集]

スタッフ[編集]

  • 脚本:松山善三
  • 演出:松山善三
  • 制作:KTV、松山善三プロダクション

口パク事件[編集]

2月2日放送分で、教師が教え子の兄に少年自衛隊への入隊をやめるように諭すシーンで音声が切られ、口パクになる状態が生じた。削られたのは「自衛隊というところは、人殺しを教えるところだ」という教師の台詞。松山プロの抗議に対する関西テレビからの回答は、「放送の当日に試写を見て、公共の放送が社会に与える影響の大きさを考えて、局の判断で、不当な台詞と判断して取り消させた」というものだった。本作のスポンサーは日本最大の兵器産業グループである三菱グループが務めていたが、局側は「外部からの圧力はいっさいなし」と否定した[1]

ドラマの終わり方 [編集]

このドラマの終わり方が凝っていた。通常は、「終」「つづく」などのテロップやカットが表示されるが、このドラマでは、例えば、座っていた主役の田村高廣が、おもむろに立ち上がって、カメラの前に置いてある「ざる」をひっくり返す。すると、その「ざる」の底に「つづく」と書いてあるといった工夫が毎回なされていた。真面目な役の田村高廣が、そんなお茶目なサービスをするのが面白かった。

脚注[編集]

  1. ^ 岩波ブックレット 戦後史にみるテレビ放送中止事件』 岩波書店1994年、30 - 31頁。

出典[編集]

関連項目[編集]

フジテレビ系列 水曜22:00枠
前番組 番組名 次番組
女人武蔵
(1971年4月7日 - 1971年9月29日)
※22:00 - 22:45
遠い夏の日
(1971年10月6日 - 1972年2月16日)
日本列島走りある記
(1972年2月23日 - 1972年3月29日)
22:00 - 22:45