遠い雷鳴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
遠い雷鳴
অশনি সংকেত
監督 サタジット・レイ
脚本 サタジット・レイ
原作 ビブティブション・ボンドパッダエ
製作 サルバニ・バッタチャーヤ
出演者 ショウミットロ・チャテルジー英語版
バビータ英語版
シャンディーヤ・ロイ英語版
音楽 サタジット・レイ
撮影 ショーメンドウ・ロイ英語版
編集 ドゥラル・ドット英語版
製作会社 バラカ映画
配給 インドの旗 Nanda Bhattacharya
日本の旗 エキプ・ド・シネマ
公開 インドの旗 1973年8月16日
日本の旗 1978年4月8日
上映時間 101分
製作国 インドの旗 インド
言語 ベンガル語
テンプレートを表示

遠い雷鳴』(ベンガル語: অশনি সংকেত IPA: [ɔʃoni ʃɔŋket]ラテン文字表記: Ashani Sanket[1])は、サタジット・レイ監督による1973年のインド映画であり、ベンガル語の映画。原作はビブティブション・ボンドパッダエの小説でその原題も映画の原題と同じであるが、このベンガル語は厳密には〈雷の兆し〉という意味である[1]

概要[編集]

原作はビブティブション・ボンドパッダエの小説で[2]日本軍のビルマ侵攻の結果、英軍が米を買い占めたため米不足に苦しむインドベンガル地方を舞台に、バラモン階級に属する主人公夫婦の苦悩を描く。

第23回ベルリン国際映画祭では金熊賞を獲得した[3]。また今日でも『ニューヨーク・タイムズ』の「歴代ベスト映画1000」に選ばれている[4]

ストーリー[編集]

キャスト[編集]

  • ガンガ:ショウミットロ・チャテルジー英語版
  • アナンガ:バビータ英語版
  • チュトキ:シャンディーヤ・ロイ英語版
  • ディヌー:ゴビンダ・チャクラバーティ
  • ビスワス:ロメシ・ムカージー
  • ジャドゥー:ノニ・ギョングリ
  • モクショダ:シェリー・パル

参考文献[編集]

  1. ^ a b Prasad, Srirupa (2015). Cultural Politics of Hygiene in India, 1890-1940: Contagions of Feeling. New York: Palgrave Macmillan. p. 37. doi:10.1057/9781137520722. NCID BB21135199. https://books.google.co.jp/books?id=yYtaCwAAQBAJ&pg=PA37&dq=Sanket+sign+of&hl=ja&sa=X&ved=0ahUKEwiag6St3dzpAhWNBKYKHaDiDnMQ6AEIMTAB#v=onepage&q=Sanket%20sign%20of&f=false 
  2. ^ Ashani Satyajit Ray Film and Study Centre, University of California, Santa Cruz.
  3. ^ Berlinale 1973: Prize Winners”. berlinale.de. 2010年6月27日閲覧。
  4. ^ The Best 1,000 Movies Ever Made by the film critics of the New York Times, New York Times, 2002.