遠山和葉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
遠山 和葉
名探偵コナン』のキャラクター
初登場 単行本19巻File.5「食いだおれの街」(アニメ118話「浪速の連続殺人事件」)
作者 青山剛昌
岡本玲
宮村優子
詳細情報
性別 女性
職業 高校生
家族 遠山銀司郎
国籍 日本の旗 日本
テンプレートを表示

遠山 和葉(とおやま かずは)は、『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌原作の漫画作品、およびそれを原作とするテレビアニメなどのメディアミックス名探偵コナン』の作品に登場する架空の人物。米国版での名前はKirsten Thomas

アニメでの声優宮村優子が担当する。ドラマでの俳優は岡本玲が担当。

概要[編集]

服部平次幼馴染であり、初恋の人[1][注 1]。平次と同じく改方学園高等部2年に在籍[注 2]。大阪府に在住。年齢は17歳。基本的な髪型は大きなリボンで結んだポニーテールだが[注 3]、就寝前には髪を下ろしている。

父は大阪府警察刑事部長・遠山銀司郎[注 4]。母親に関しては、一緒に暮らしていることが確認できる[5]だけである。なお、平次とは作品を問わずセットで登場する場合がほとんどであるうえ、原作で平次が登場して和葉が登場しない事件はまれに描かれるが、その逆は一度も無い。

名前の由来は、「遠山」は遠山金四郎、「和葉」はアシスタントの夫人の名前が気に入ったから[6]

人物[編集]

気さくで明るく、面倒見の良い性格をしている。ナンパされたり好意を持たれたりすることもあるほど可憐な容姿だが、その裏腹に、気の強い一面もある。特技は合気道。2段の腕前で、犯人に対して使ったこともある[7]

一人称は「アタシ」[注 5][注 6]。平次からは「和葉」、コナンからは「和葉姉ちゃん(新一としては和葉ちゃん)」、蘭からは「和葉ちゃん」と呼ばれる。また、「遠山」「遠山さん」など名字で呼ばれている場面がない。世良真純からは、アニメで一度「ポニテの彼女」と呼ばれたことがある[8]

「平次の姉役」を自称している。平次のことが好きだが、まだ告白はしていない[注 7]。1度は勇気を出して平次に告白するが、前置きとして新一が蘭に告白したことを言ってしまい平次が途中でコナンのところへ駆け出したため、不発に終わった[10][注 8]。幼い頃、平次とつながれた手錠の鎖をお守りに入れ、彼のお守りにもこっそり入れている[注 9]。中学時代には、スキー上級者の平次と一緒にいたいがために自らもスキー上級者だと偽り、その練習のし過ぎで足を捻挫したこともあった[12]。平次との待ち合わせでは、平次に忘れられても尚4時間も待ち続けたことがある[13]

平次の剣道の試合で試合に出ないにも関わらず部員たち以上に張り切ったりするなど、彼同様負けず嫌いな面もある。平次に惚れているゆえか、彼のことになると後先考えずに無鉄砲・無茶な行動に走る傾向がある[注 10]。また、怪我をした平次を見た際には、近くの人が耳をふさぐくらいの大声で泣いたことがある[注 11]

犯人の遺留品に気付いたり、平次の残した暗号のメッセージを解読したりと人並み以上の推理力もある。また、勘も良く蘭と共同で事件を推理することもある。ひょうたんをすぐに太閤秀吉の馬印と結びつけたりと、日本史にも詳しい。一方、「風林火山」の意味を知らなかったこともあり、歴史全般が得意というわけではない様子。

現時点で、黒の組織に関わったことは原作・アニメ共に一度もなく存在自体全く知らないが、関連情報として劇場版にて灰原哀が科学者であることを阿笠博士と平次の会話から知った[15][注 12]

意地っ張りでお化けや雷が嫌いなど、蘭と似たところがある。停電した時は近くに居た男性の腕に思わず抱きつくなど、意図せずに平次を嫉妬させることも多い。

料理が得意であり、蘭とともに食事を作ることも頻繁にある[注 13]

原作での初登場は19巻で、灰原哀(18巻初登場)より後に登場したが、アニメでは118話が初登場で灰原(129話で初登場)より先に登場している。蘭より男性ファンからの人気が高く[17](ただし現在も同様かは不明)、作中ではナンパもされている。第1回キャラクター人気投票での順位は8位(40票)。テレビ&劇場版15周年記念のキャラクター人気投票では7位。2012年の『週刊少年サンデー』連載800回記念キャラクター人気投票では11位だった。

劇場版では、第3作で初登場。それ以降、第7作・第10作・第13作・第14作・第17作・第21作に登場(毎回平次とペア)している。そのうち、第7作では京都の手鞠歌京都市内の通り名の歌)を唄えることも描かれているが、一部歌詞を間違って憶えていた[1][注 14]。また、第14作では横浜から引っ越してきた奈良在住の親戚の少年・川口 聡(かわぐち さとし、声 - 大橋のぞみ)が登場している[4]

ドラマ版では、東京(警視庁管轄)で平次の父であり大阪府警察本部長である服部平蔵の名前を出して担当刑事を黙らせ、そのことを嫌がる平次には「使えるもんは使わんと」と言うなど、したたかな一面を見せている。

コナンたちとの関わり[編集]

大阪を訪れてお好み焼き店に入ったコナン一行(江戸川コナン毛利小五郎毛利蘭)のもとに平次がいない間、いきなりコナン一行の隣に入り込んで席に座ったのが初登場[注 15][18]

平次との初上京以降、コナンや蘭とはさらに親交を深めている。コナンのことは可愛がっており、蘭と同様に優しい態度で接しているが、その行動力を見てただの子供じゃないと思っているふしもある。また、『迷宮の十字路』では平次のことを呼び捨てにしたコナンを気にかけ、たしなめている。

蘭とは初期こそ平次との仲を疑い[注 16]執拗しつようにライバル心を燃やしていたが、現在ではその誤解も解けて良き親友となっている。また、平次との仲をからかわれるが、逆に新一との仲をからかうこともある。二人とも「家族ぐるみで付き合いのある幼なじみの探偵を好きになっている」という似た恋愛事情を持つため、お互いの恋を真剣に応援してもいる[注 17]

本編に登場する時は、コナン・蘭・平次と一緒に事件に関わるのが概ねの描写として定番化されており(さらに、この4人に小五郎が加わる事も多い)、コナンと平次が事件を推理する傍らで蘭と一緒に行動し、事件解決のサポートを担って蘭と共にヒロイン的な役割や活躍が描かれる事も少なくない[注 18]

蘭の親友である鈴木園子とも蘭を通じて友人となるが、原作では会話するシーンが少なくテレビアニメでも多くはないが、『迷宮の十字路』などの劇場版作品やOVA作品では会話も多く意気投合している。劇場版『から紅の恋歌』でも、園子は風邪のために和葉と会えなかったが、その後和葉が競技かるたの大会に急遽出場する事になったと蘭から連絡を受けた園子は、和葉のために鈴木財閥の力で練習用のホテルの部屋や食事の手配を指示している。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ただし、和葉自身はそれが幼少期の自分だったと気づいていない。なお同作で幼少時代の和葉が手毬歌を歌うシーンのみ、最初は誰か判らない設定の都合上、担当声優の宮村優子ではなく、他の役で出演していた佐久間レイが兼務している。
  2. ^ 「改方」は、火付盗賊改方の「改方」が由来である[2]
  3. ^ 作者の言ではコナンや蘭や平次の髪型同様に「キャラの特徴」として意識しているとのこと[3]
  4. ^ 下の名前は劇場版『天空の難破船』にて判明[4]
  5. ^ 小説版『工藤新一への挑戦状』シリーズでは「私」と言う場合もある[要ページ番号]
  6. ^ 一度怪盗キッドの変装に利用された際、コナンや諸伏が変装である事を見破るきっかけにもなった。
  7. ^ 監禁された際には「背中で震えるお前にこの言葉を」という平次からの告白ともとれる言動に期待し、彼が自分を残して犯人に連行されていく際には、「もし助かったら…さっき言お思てたこと、聞かしてくれる?」と甘えたり、平次の「きっとオレは…お前の事を……」と言う思わせぶりな態度に期待してみたりするが、平次からは表面上子分扱いされて肩を落としている[9]
  8. ^ なお、和葉は平次と二人きりのつもりで目を瞑って告白したため、平次が途中で駆け出したことにも気付かずに「めっちゃ好っきやねん!!」のくだりを偶然居合わせた高木刑事に聞かれてしまっている。
  9. ^ 実際は、平次はお守りの中の手錠の鎖には気づいていたようである。その鎖が、犯人の凶刃からコナンを救ったこともある。また、自身のお守りには平次の写真も入れてあり、そのことから「平次に見せられない」と考えていたが、平次と和葉の仲に嫉妬しっとした国末に落書きをされてしまい、この落書きされた写真が見せられない原因だと平次から勘違いされた[11]
  10. ^ 崖から落ちそうになった平次を庇った結果、2人とも落ちそうになる。その際に持っていた矢で平次の手の甲を刺し、自分の命を捨ててまで彼を助けようとした。しかし、平次はそれでも手を離さず、「絶対助ける」と気合を入れる結果となった[14]
  11. ^ 平次曰く、かすり傷程度の怪我だったにもかかわらず、大声で泣いていたとのことである[15]
  12. ^ 灰原が幼児化していることを知らない周囲の関係者で、彼女を科学者と知ったのは現在まで和葉のみである。
  13. ^ ドラキュラの恐怖に怯えた際には、その気晴らしも兼ねて蘭と共に小麦粉から餃子の皮を作った[16]
  14. ^ 姉さん」を「嫁さん」と間違えていた。
  15. ^ 厳密には、最初の通天閣からコナン一行を見張っていた。
  16. ^ 蘭と平次の服装が偶然ペアルックだったことが原因。19巻の初登場時には、平次から新一のことを聞かされていたが、平次が常に名字で「工藤」と呼んでいたため、その「工藤」が男であることを知らずに蘭のことだと勘違いし、彼女に詰め寄った。26巻の学園祭の事件で新一と初対面し、「ホンマに男だったんや…」と驚き、誤解が完璧に解けた。
  17. ^ 恋愛面以外でも、蘭は「父親が元刑事で自分は空手の有段者で家事もこなす」など、「父親が刑事で自分は合気道の有段者で家事も得意」な和葉とは、その特徴や境遇などがよく似ている。
  18. ^ 劇場版では『名探偵コナン 迷宮の十字路』・『名探偵コナン から紅の恋歌』などでメインの活躍をし、特に『から紅の恋歌』はヒロインとして描写されている。

出典[編集]

  1. ^ a b 劇場版『迷宮の十字路』より。
  2. ^ 青山 剛昌 (2000年9月27日). “Vol.4”. サンデーまんが家BACKSTAGE. 小学館. 2016年12月1日閲覧。
  3. ^ 『名探偵コナン』青山剛昌によるキャラクター豆知識 鈍感王は…平次、お前 ... https://www.cinematoday.jp/page/A0005456
  4. ^ a b 劇場版『天空の難破船』より。
  5. ^ 単行本59巻90ページ5コマ目の平次のセリフより。
  6. ^ 小学館の特集本『コナンドリル(ISBN 9784091794024)』153頁。
  7. ^ 劇場版『探偵たちの鎮魂歌』、他。
  8. ^ 単行本74巻File.5「どっちが名探偵なんだ?」 - File.7「魔法の料理」(アニメ651話「コナンVS平次 東西探偵推理勝負」 )。
  9. ^ 単行本38巻File.8 - File.10「服部平次絶体絶命!」(アニメ323話 - 324話「服部平次絶体絶命!」)。
  10. ^ 単行本74巻File.8「EYE」 - 75巻File.2「親子の間の錯視」(アニメ652話 - 655話「毒と幻のデザイン」)。
  11. ^ 単行本66巻File.8「お守り奪還作戦!」 - File.10「意地悪」(アニメ573話 - 574話「恥ずかしいお守りの行方」)。
  12. ^ 単行本50巻File.8「平次の思い出」 - 51巻File.1「吹雪の中の復讐」(アニメ490話「服部平次VS工藤新一 ゲレンデの推理対決」)。
  13. ^ 単行本34巻File.2「反撃の糸口…」 - File.4「あんた何者や」(アニメ277話 - 278話「西の名探偵vs.英語教師」)。
  14. ^ 単行本28巻File.6「人魚の呪い?」 - File.10「報われぬ心」(アニメ222話 - 224話「そして人魚はいなくなった」)。
  15. ^ a b 劇場版『絶海の探偵』より。
  16. ^ 単行本79巻File.6「吸血鬼の館」 - 80巻File.1「殺人鬼の計画」(アニメ712話 - 715話「服部平次と吸血鬼館」)。
  17. ^ 『コナンドリル——オフィシャルブック』少年サンデー特別編集プロジェクト(編)、小学館、2003年5月、[要ページ番号]全国書誌番号:20410712ISBN 9784091794024。OCLC 675320813ASIN 4091794025
  18. ^ 単行本19巻File.5「食いだおれの街」 - File.8「免許証の秘密」(アニメ118話「浪速の連続殺人事件」)。