遠山景三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

遠山 景三(とおやま かげぞう、1852年嘉永5年) - 1922年大正11年))は、日本の政治家青森県八戸町長。

来歴・人物[編集]

八戸城下に生まれる。藩学校に学んだ後に、東京の小川町にあった法律学校に学び、八戸に帰郷した。

1893年明治26年)から1907年(明治40年)まで八戸町長を務める。1911年(明治44年)には青森県議会副議長、1919年(大正8年)に青森県議会議長となる。八戸町長の座を北村益に譲った後も強い影響力を持っていた。

政策・政治活動[編集]

八戸町長時代は時鐘を偶数時に鳴らし、町民に時を知らせていたといわれる。

県議会議長時代には県会議員の人員改正、工業試験費などの予算を可決している。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 「青森県人名事典」東奥日報社、2002年
先代:
稲城篤実
第2代八戸町
1893年 - 1907年
次代:
北村益