遠州馬込駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
遠州馬込駅
1975年頃の浜松駅・新浜松駅と遠州馬込駅の位置関係国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成
1975年頃の浜松駅・新浜松駅と遠州馬込駅の位置関係国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成
えんしゅうまごめ
ENSHU-MAGOME
所在地 浜松市松江町
所属事業者 遠州鉄道
所属路線 鉄道線
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
開業年月日 1924年(大正13年)2月1日
廃止年月日 1985年(昭和60年)12月1日
備考 スイッチバック
テンプレートを表示
1988年頃の浜松駅・新浜松駅近辺。廃線跡は一部残っているが当駅の痕跡は全くない。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

遠州馬込駅(えんしゅうまごめえき)は、かつて静岡県浜松市松江町(現、中区中央3丁目)にあった遠州鉄道鉄道線

概説[編集]

国鉄(当時)浜松駅の東約1 kmの、東海道本線北側に存在していた。国鉄と貨物連絡していた時代もあった。浜松市の都市計画による中心街の土地区画整理事業に伴い新浜松駅 - 助信駅間がルート変更の上高架化されることになり、同駅が高架ルートから外れるため1985年昭和60年)12月1日廃駅となった。

区画整理以前は当駅 - 遠鉄浜松駅間の廃線跡が歩道として残されていた時期もあるが、現在は浜松市の都市再開発事業による区画整理が進行し、駅や旧新浜松駅から遠鉄浜松駅に至る区間の痕跡はまったく残っていない。なお跡地の近隣に建設された楽器博物館東側で板屋町・松江町の境界線が大きくカーブしているが、これはこの境界線上に線路が存在していた名残である。

駅構造[編集]

スイッチバック構造の駅で、頭端式ホーム(島式ホーム)1面2線。主に南側の線路は西鹿島方面、北側の線路は新浜松方面のホームだった。駅廃止の十数年前から廃止直前までは基本的に大部分の列車が交換していた。朝夕のラッシュ時に運行される4両編成の列車の場合、同駅の有効長の問題で列車の交換が不可能なため、4両編成の列車を含む当駅で交換しない列車の中には、0.7km遠鉄浜松寄りの遠州浜松信号場で交換を行うものもあった。

国鉄との貨車の授受が行われていた頃は幅の広い側線が存在し、国鉄浜松駅側線と接続されていたが、遠州鉄道の貨物運輸廃止と共に同駅の貨車の授受が終了し、側線が撤去された後は広い空き地の中に1面2線のホームがあるのみとなっていた。尚、貨物輸送廃止以後の新車の搬入はルート変更によって同駅が廃止となるまでここで行われていた。

歴史[編集]

隣の駅[編集]

遠州鉄道鉄道線
新浜松駅 - 遠州馬込駅 - (遠州浜松信号場) - 遠鉄浜松駅

脚注[編集]

  1. ^ 「地方鉄道運輸開始」『官報』1924年2月16日(国立国会図書館デジタルコレクション)

関連項目[編集]