遠江三十六人衆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

遠江三十六人衆(とおとうみさんじゅうろくにんしゅう)は、遠江国において存在した、一定の勢力を持つ国人土豪などの総称。遠州三十六人衆とも。室町時代に入り今川氏が遠江に侵攻した際、これに従ったと伝えられる。『柳園雑記』には、

  • 初馬 河合宗忠
  • 西郷 西郷殿
  • 倉真 松浦兵庫助
  • 掛川 鶴見因幡
  • 本郷 原氏
  • 平川 赤堀至膳
  • 原谷 孕石
  • 小山 増田周防守
  • 増田 松浦治郎右衛門
  • 袋井 堀越殿

上記の氏・名前が記録されている。その他の詳細は不明である。

参考文献[編集]

  • 『掛川市誌』(掛川市誌編纂委員会) 1968年