遠浪斎重光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

遠浪斎 重光(えんろうさい しげみつ、生没年不詳)とは、江戸時代後期の浮世絵師

来歴[編集]

歌川広重または柳川重信の門人といわれる[1]。重光、遠浪斎と号す。嘉永1848年1854年)頃、葛飾北斎風の武者絵を残している。

作品[編集]

  • 「源義経と佐藤忠信の吉野の別れ」大錦3枚続
  • 「寿という獣」大錦

脚注[編集]

  1. ^ 『増訂浮世絵』は「広重の門人としては、重清(栄斎)、重晴(暁斎)、重光(遠浪斎)、云々」とある。『原色浮世絵大百科事典』第2巻は「柳川重信Ⅰ門人か」とする。

参考文献[編集]