遠藤一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

遠藤一(えんどう はじめ、1958年5月25日- )は、浄土真宗の僧、仏教学者。

山梨県甲府市生まれ。旧姓・松尾。龍谷大学文学部史学科仏教史学専攻卒業、1989年同大学院文学研究科博士後期課程国史学専攻満期退学。1991年久留米工業高等専門学校一般科目文科系講師。同助教授[1]。2007年准教授、2012年退職。浄土真宗本願寺派長徳寺(世田谷区)住職。[2]

著書[編集]

  • 『戦国期真宗の歴史像』永田文昌堂 1991
  • 『仏教とジェンダー 真宗の成立と「坊守」の役割』真宗大谷派山陽教区坊守会監修 明石書店 2000
  • 『中世日本の仏教とジェンダー 真宗教団・肉食夫帯の坊守史論』明石書店 2007
共編
  • 『九州真宗の源流と水脈』中川正法,緒方知美共編 法藏館 筑紫女学園大学・短期大学部人間文化研究所叢書 2014

[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年
  2. ^ 遠藤一のブログ