遠藤亀若

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

遠藤 亀若(えんどう かめわか、天保5年11月3日1834年12月3日) - 天保5年12月22日1835年1月20日))は、江戸時代後期の近江三上藩遠藤家の人物である。

天保5年(1834年)11月3日、三上藩の第5代藩主・遠藤胤統の子として大坂城玉造口御定番上屋敷で生まれる。しかし12月22日に大坂城玉造口御定番下屋敷で夭折した。享年1。戒名は天華院殿幼光芳雪大童子。墓所は滋賀県三上村の宗泉寺。