遠藤公男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

遠藤 公男(えんどう きみお、1933年[1] - )は、日本作家、動物研究家。岩手県一関市生まれ[1]岩手県立一関第一高等学校卒業。小学校の教師として働きながら活動を続ける。1974年教師を退職して作家生活に入る[2]。岩手県宮古市在住[3]。著書「野鳥売買 メジロたちの悲劇」では、中国での野鳥売買の現場を調査している(「中国の環境問題」を参照)[4]

受賞歴[編集]

献名された種[編集]

著書[編集]

  • 原生林のコウモリ(1973 年、学習研究社)
  • 帰らぬオオワシ(1975 年、偕成社)日本児童文学者協会新人賞・ジュニアノンフィクション文学賞
  • 帰らぬオオワシ 猟師七兵衛の物語(1981年、偕成社)
  • キジのくらし(1982年、偕成社)
  • ツグミたちの荒野(1983年、講談社)日本児童文芸家協会賞
  • イヌワシと少年(1983年、偕成社)
  • アリランの青い鳥(1984年、講談社、イラスト:柳柊二
  • 韓国の虎はなぜ消えたか(1986年、講談社)
  • 夏鳥たちの歌は、今―利尻島から西表島まで102人の緊急レポート(1993年、三省堂)
  • 盛岡藩御狩り日記 江戸時代の野生動物誌(1994年、講談社)
  • 野鳥売買 メジロたちの悲劇(2002年、講談社)
  • ヤンコフスキー家の人々(2007年、講談社)

論文[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b ISBN 978-4062140737 『ヤンコフスキー家の人々』 著者紹介情報
  2. ^ 宮澤賢治を生んだ岩手県から遠藤公男先生がやってくる[1]
  3. ^ 「遠藤公男展―作品紹介と講演会―」開催[2]
  4. ^ 遠藤公男『野鳥売買 メジロたちの悲劇』講談社〈講談社+α新書〉、2002年11月。ISBN 4-06-272163-5。