遠藤司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

遠藤 司(えんどう つかさ、1981年 - )は、日本の経営学者。皇學館大学准教授マサチューセッツ工科大学のイノベーション紙「MITテクノロジーレビュー」日本版の初代アンバサダー。

来歴[編集]

活動・主張[編集]

  • 研究分野は経営哲学、およびイノベーション・マネジメント[1]
  • 「日本再興プロジェクト」を立ち上げ、Yahoo! JAPAN上にて提言を行うととともに各分野の識者と連携し、政府機関等に政策提言を行うなどしている。
  • 思想は保守的。
  • 高崎経済大学時代から八木秀次に師事しており、『正論』2018年2月号「左派VS右派を超えて」という題名で共著を投稿している。

著書[編集]

  • 『創造力はこうやって鍛える (ミュージアム) 』ASIN B07MDNHNLF
  • 『正統のドラッカー 古来の自由とマネジメント』ASIN B07DLJG2XX
  • 『正統のドラッカー イノベーションと保守主義』ASIN B07DLBLYTZ

翻訳[編集]

  • レオ・シュトラウス『ナチュラル・ライトと歴史』皇學館大学出版部、2016年4月

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i 研究者詳細‐遠藤司”. 皇學館大學. 2019年2月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月3日閲覧。