遠藤嘉基

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

遠藤 嘉基(えんどう よしもと、1905年5月31日 - 1992年6月23日)は、日本国語学者京都大学名誉教授

来歴[編集]

1930年京都帝国大学国文科卒業成城高等学校講師大阪外国語学校講師ののち、1935年京都帝大講師、1939年助教授、1949年京都大学文学部教授、1950年文学博士。1953年国語審議会委員、1969年定年退官、大谷女子大学教授。

1975年叙勲三等旭日中綬章。1992年叙正四位

訓点研究を中心に国語史研究をおこなった。

著書[編集]

  • 『訓点資料と訓点語の研究』 国文学会、1952年
  • 『国語教育の諸問題』 文教書院、1953年
  • 『ことばと文学 古典随想』 中央図書出版、1959年
  • 『新講和泉式部物語』 塙書房、1962年
  • 『欧洲紀行』 中央図書出版社、1965年
  • 松井利男共著 『古典解釈文法』 和泉書院、1982年
  • 『芭蕉を読む』 創拓社〈対談〉、1989年
  • 『王朝』 王朝文学協会 洛文社〈遠藤嘉基博士古稀記念論叢〉、1974年