遠藤直人 (内務官僚)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
遠藤 直人
生誕 1898年2月3日
福島県耶麻郡熱塩加納村
死没 (1986-04-06) 1986年4月6日(88歳没)
出身校 東京帝国大学法科大学独法科
職業 兵庫県知事
福島県公安委員長
内務官僚
配偶者 長谷沼千代

遠藤 直人(えんどう なおと、1898年明治31年)2月3日 - 1986年昭和61年)4月6日[1])は、日本の内務官僚メナド州知事などを務め、兵庫県最後の官選知事であった。戦後は帰農した一方で、福島県公安委員長などの公職を務めた。

来歴・人物[編集]

福島県耶麻郡熱塩加納村出身。会津中学二高を経て、1923年大正13年)東京帝国大学を卒業。在学中に高等試験に合格しており、内務省に入省した。官歴は大阪府警部に始まる。山梨長崎での勤務を経て、福岡の社会課、商工課兼水産課の各課長、富山長崎書記官、学務部長を歴任。1938年(昭和13年)、厚生省書記官として中央勤務となり、失業対策部総務課長として失業者対策を行った。太平洋戦争中は、海軍司政長官セレベス民政部メナド州知事として民政を担当。

1947年(昭和22年)3月から4月のひと月弱、知事選期間中の暫定知事として、最後の官選兵庫県知事を務める。公職追放[2]処分を受け郷里で帰農したが、村教育委員、土地改良区理事長、福島県公安委員、同第二代委員長[3]などの公職も務めている。

1986年(昭和61年)4月6日死去。享年88。

出典[編集]

  1. ^ 『人物物故大年表II 日本人編(1946〜2004)』483頁
  2. ^ 『戦前期日本官僚制の制度・組織・人事』509頁
  3. ^ 『日本戦後警察史』42頁

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『日本知事人名事典 第2巻』日本図書センター、2012年。
  • 秦郁彦『戦前期日本官僚制の制度・組織・人事』東京大学出版会、1981年。
  • 『大衆人事録 東京篇』(第13版)、1939年。
  • 『日本戦後警察史』官公庁資料編纂会、1997年。
  • 『人物物故大年表II 日本人編(1946〜2004)』日外アソシエーツ、2006年。