遠藤胤将

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
遠藤 胤将
時代 江戸時代中期
生誕 正徳2年12月22日1713年1月18日
死没 明和8年4月12日1771年5月25日
改名 吉之助(幼名)、胤和(初名)、胤将
別名 主膳(通称
戒名 心院素江
墓所 東京都台東区西浅草長敬寺
官位 従五位下、備前
幕府 江戸幕府 大番頭奏者番、日光祭祀奉行
近江国三上藩
氏族 遠藤氏
父母 父:遠藤胤親、母:久松氏
兄弟 胤将胤充胤忠
正室:植村政広の娘
継室:戸田氏定の養女(戸田定浩の娘)
明林院、養子:胤忠

遠藤 胤将(えんどう たねのぶ)は、近江三上藩の第2代藩主。三上藩遠藤家7代。

正徳2年(1712年)12月22日、初代藩主・遠藤胤親の長男として江戸一橋邸で生まれる。享保18年(1733年)9月25日、父の隠居により家督を継ぐ。

享保19年(1734年)2月15日、江戸城竹橋門番に任じられ、享保21年(1736年)4月17日に日光祭祀奉行に任じられた。延享2年(1745年)9月20日に大番頭に任じられる。寛延4年(1751年)8月23日、大坂城京橋口定番に任じられ、明和4年(1767年)に奏者番に任じられた。

明和8年(1771年)4月12日に死去した。享年60。跡を弟で養子の胤忠が継いだ。