遠軽厚生病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 遠軽厚生病院
Engaru-Kosei General Hospital.jpg
情報
正式名称 JA北海道厚生連 遠軽厚生病院
英語名称 Hokkaido P.W.F.A.C. Engaru-Kosei General Hospital
前身 北紋医療利用組合連合会 遠軽久美愛病院
標榜診療科 内科、循環器科、小児科、外科、整形外科、心臓血管外科、脳神経外科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、皮膚科、泌尿器科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科
許可病床数

337床
一般病床:285床
精神病床:0床
感染症病床:2床
結核病床:0床


療養病床:50床
機能評価 一般200床以上500床未満:Ver 6.0
開設者 北海道厚生農業協同組合連合会
(JA北海道厚生連)
管理者 矢吹英彦(院長)
開設年月日 1942年3月
所在地
099-0404
北海道紋別郡遠軽町大通北3丁目1-5
位置 北緯44度3分46秒 東経143度31分28秒 / 北緯44.06278度 東経143.52444度 / 44.06278; 143.52444
二次医療圏 遠紋
PJ 医療機関
テンプレートを表示

JA北海道厚生連 遠軽厚生病院(ジェイエイほっかいどうこうせいれん えんがるこうせいびょういん)は、北海道紋別郡遠軽町にある病院北海道厚生農業協同組合連合会(JA北海道厚生連)が運営する。災害拠点病院[1]地域周産期母子医療センターの指定を受けている。

沿革[編集]

この節は執筆の途中です この節は医療機関に関して執筆中です。加筆、訂正して下さる協力者を求めていますPJ医療機関)。

1942年昭和17年)3月に北紋医療利用組合連合会の「遠軽久美愛病院」として開設。当時の診療科は内科・小児科・外科・産婦人科・皮膚科・泌尿器科であった[2]

1946年(昭和21年)7月に「遠軽厚生病院」へ改称。1948年(昭和23年)8月に北海道厚生連が設立されたことに伴い経営が継承された。1992年(平成4年)4月に現在地に新築移転。

診療科[編集]

医療機関の指定等[編集]

  • 保険医療機関
  • 救急告示医療機関
  • 労災保険指定医療機関
  • 指定自立支援医療機関(更生医療・育成医療・精神通院医療)
  • 生活保護法指定医療機関
  • 身体障害者福祉法指定医の配置されている医療機関
  • 結核指定医療機関
  • 特定疾患治療研究事業委託医療機関
  • 指定養育医療機関
  • 原子爆弾被害者一般疾病医療取扱医療機関
  • へき地医療拠点病院
  • 臨床研修指定病院
  • DPC対象病院
  • 小児慢性特定疾患治療研究事業委託医療機関
  • 地域周産期母子医療センター
  • 母体保護法指定医の配置されている医療機関
  • 災害拠点病院

交通アクセス[編集]

JR北海道石北本線遠軽駅から徒歩5分。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 別表14 災害拠点病院一覧 (PDF)”. 北海道庁 (2013年1月1日). 2015年7月11日閲覧。
  2. ^ 遠軽厚生病院 | 沿革”. 遠軽厚生病院. 2015年11月15日閲覧。