遠野街道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

遠野街道(とおのかいどう)は、岩手県盛岡市から同県遠野市を結ぶ街道

概要[編集]

「阿曽沼興廃記」によると、建武年間(1334-1338年)には、すでに花巻-横田(遠野)、横田-大槌・釜石などを結ぶ道があったという[1]

藩政時代、盛岡城下から稗貫郡大迫(おおはさま)村を経て閉伊郡横田村(現 遠野市)を結ぶ道に付けられた呼称で、現在の国道396号とほぼ同じコースである。 また、遠野城下から界木峠を越えて大槌へ達する「大槌街道」や、仙人峠を越えて釜石へ行く「釜石街道」等と接続する閉伊郡海岸部と内陸を結ぶ道でもある。

遠野は閉伊海岸と内陸を結ぶ交通の要地にあり、各地から物資が集まる。海岸部からの運搬物が海産物であり、幕末には釜石からの鉄が重要物資となった。

明治8年(1875年)からの改修工事によって、達曾部-遠野間の路線が変更されたが、旧来の道筋の方が近いため、多くは旧道を往来したという。

宿場・伝馬継所[編集]

  • 盛岡城下(岩手県盛岡市
  • 乙部宿 (  同 上    )
  • 大迫宿  ( 同県 稗貫郡大迫町
  • 達曽部宿 ( 同県 遠野市宮守町)
  • 横田宿 (  同 上    )


脚注[編集]

  1. ^ (岩手県の地名)平凡社

参考資料[編集]

  • 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 『角川日本地名大辞典 3 岩手県』 角川書店、1985年3月8日。ISBN 4-040-01030-2。
  • (有)平凡社地方資料センター 『日本歴史地名大系 第3巻 岩手県の地名』 平凡社1990年7月13日。ISBN 4-582-91022-X。
  • 渡辺信夫 『東北の街道 道の文化史いまむかし』 無明舎出版、1998年7月15日。ISBN 4-89544-188-1。

関連項目[編集]