遠鉄ストア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社遠鉄ストア[1]
Entetsu Store Co., Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
432-8021
静岡県浜松市中区佐鳴台四丁目16番10号
設立 1973年(昭和48年)10月1日[1]
法人番号 1080401000838 ウィキデータを編集
事業内容 スーパーマーケット
代表者 代表取締役社長 宮田 洋
資本金 1億円[2]
売上高 409.44億円(2011年(平成23年)3月期)[2]
経常利益 6.74億円(2011年(平成23年)3月期)[2]
純利益 3.64億円(2011年(平成23年)3月期)[2]
純資産 52.04億円(2011年(平成23年)3月期)[2]
総資産 169.00億円(2011年(平成23年)3月期)[2]
従業員数 3,122名(平成30年3月末現在)
決算期 3月31日
主要株主 遠州鉄道100%[2]
外部リンク http://www.entstore.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社遠鉄ストア(えんてつストア)は、浜松市中区に本社を置く遠鉄グループの企業。社名と同名で本社所在地である浜松市を中心に東は菊川市から西は愛知県豊川市までのエリアにてスーパーマーケットチェーン店舗を展開している。

概要[編集]

「真心新鮮」をスローガンにしている。地元産の野菜や、近隣漁港(舞阪漁港・御前崎港等)から水揚げされる魚介類、浜名湖の牡蛎やあさり、浜名湖もち豚など地産地消に取り組んでいる。浜松の銘菓なども取り扱っている。二個のセイヨウナシのマークの「all is Fresh」(オールイズフレッシュ / 全て新鮮 allは小文字で始まる)や「OUR PRODUCTS BRING HEALTH TO YOUR LIFE」(私たちの製品はあなたの生活に健康を与える 全て大文字)という英語のキャッチフレーズも店外や店内に掲げている。[3]

成城石井コーナーなども設け、中堅層をターゲットとしている。
こだわり品も多くそろえ、他の地元に展開しているスーパーより高級品・品質にこだわりがあり、評価を得ている。
店舗改装も急ピッチで進んでおり、売上も上昇傾向にある。

関東大手私鉄系スーパーの商品企画・開発会社の八社会に途中加盟していたが2008年2月末をもって脱退し、CGCグループとなった。

曲名は不明だが「真心新鮮 遠鉄ストア」という歌詞のテーマソングがあり、店内で放送されている他、公式ウェブサイトでも聞くことができる。

遠州地方を中心として計31店舗を展開するが、いまや県内スーパーでも大手となっており、店舗が未進出だった当時から既に東三河地方にも新聞折込チラシが配布されていた。
また、質問回収boxを設置する等、積極的に外部の意見を取り入れる。社会活動として遠鉄ストア童話大賞を実施する他、チーム・マイナス6%に協賛し、社会活動や環境活動に取り組んでいる。

2011年(平成23年)6月1日付で中村屋鮮魚販売から店内の鮮魚販売事業を取得[4]し、株式会社遠鉄ストア鮮魚とし、その後、2013年(平成25年)4月に吸収合併、直営化を行い、その販売強化を狙っている[5]

沿革[編集]

  • 1973年(昭和48年)10月1日 - 会社設立[1]
  • 1993年(平成5年) - ロゴマーク変更
  • 1996年(平成8年) - リブロス笠井 営業開始
  • 2008年(平成20年) - CGCグループ加盟
  • 2011年(平成23年)6月1日 - 中村屋鮮魚販売より事業譲渡を受け、鮮魚販売をグループによる直営に切り替え[4]
  • 2013年(平成25年)4月 - 株式会社遠鉄ストア鮮魚を吸収合併[5]
  • 2015年(平成27年)11月11日 - 豊川店開店。初の三河地区店舗であり、遠州以外での初めての出店である。

ロゴマーク[編集]

  • 創業〜1993年頃迄 笑顔をモチーフにした物で、中央には双葉があしらわれている
  • 1993年頃〜現在 アルファベットの「e」の横にドットマークが付いている

店舗一覧[編集]

https://www.entstore.co.jp/shop/

かつて存在した店舗[編集]

ポイントカード・クレジットカード・電子マネー[編集]

  • かつてはエブリ夢カードというポイントカードを発行していたが、えんてつカード創設に伴い、同カードに統合された。
  • クレジットカードはハウスカードであるえんてつカードの他、各種VISA、MasterCard、JCBカードが利用可能である。
  • プリペイドカードとしては遠鉄グループのEPiCAの他、auWALLETやおさいふPontaなどクレジットカード系プリペイドカードが利用可能である。非接触ICは当社フランチャイズにて店内に併設するマツモトキヨシで楽天Edyが利用できるのみである。
  • 一部店舗ではセブン銀行ATMが設置されているためnanacoのチャージが可能であるが支払いには利用出来ない。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 流通会社年鑑 1998年版, 日本経済新聞社, (1997-12-02), pp. 143 
  2. ^ a b c d e f g 遠州鉄道株式会社 第99期有価証券報告書 (Report). 遠州鉄道. (2011-6-29). 
  3. ^ 公式ウェブサイト [1]
  4. ^ a b 遠鉄ストア鮮魚と中村屋鮮魚販売(株)との事業譲渡契約締結について (Report). 遠州鉄道. (2011-4-15). 
  5. ^ a b 沿革|企業情報|遠鉄グループ|遠州鉄道株式会社” (日本語). www.entetsu.co.jp. 2018年9月29日閲覧。