遥羽らら

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

遥羽 らら(はるは らら、5月31日[1] - )は、宝塚歌劇団宙組に所属する娘役[2]

愛知県名古屋市[1][3]市立守山中学校出身[1][3]。身長164cm[1]。血液型A型[4]。愛称は「らら」[1][3]

来歴[編集]

2010年、宝塚音楽学校入学。

2012年、宝塚歌劇団に98期生として入団[3]。宙組公演「華やかなりし日々/クライマックス」で初舞台[2]

2013年、組まわりを経て宙組に配属[2]

2016年の「Shakespeare」で新人公演初ヒロイン[5][2]

2017年、実咲凜音退団公演となる「王妃の館」で、2度目の新人公演ヒロイン[6]

2018年、「不滅の棘」(ドラマシティ・日本青年館公演)で、東上公演初ヒロイン[7][2]

2020年の「壮麗帝」(ドラマシティ公演)でヒロイン[8][9][2]。当初は東上公演として上演が予定されていたが、新型コロナウイルス感染拡大による公演休止・延期を経て、ドラマシティのみでの振替公演となった[8][9]

2021年9月26日、真風涼帆潤花トップコンビ大劇場お披露目となる「シャーロック・ホームズ/Délicieux!」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団することが発表された[2]

人物[編集]

学生時代は陸上部に所属し、毎日のように走っていた[4]

宝塚初観劇は雪組公演「君を愛してる/ミロワール」[4]

幼い頃からバレエを習い、将来は舞台に立つ仕事がしたいと思っていた[4]。宝塚のショーを観て、自分もあの華やかな舞台に立ちたいと願い、音楽学校受験を決意した[4]

憧れの上級生は野々すみ花[4]

主な舞台[編集]

初舞台[編集]

組まわり[編集]

  • 2012年6 - 7月、宙組『華やかなりし日々』『クライマックス』(東京宝塚劇場
  • 2012年10 - 12月、雪組JIN-仁-』 - 薄雪『GOLD SPARK!-この一瞬を永遠に-』

宙組時代[編集]

出演イベント[編集]

  • 2016年12月、タカラヅカスペシャル2016『Music Succession to Next』
  • 2017年12月、タカラヅカスペシャル2017『ジュテーム・レビュー-モン・パリ誕生90周年-』
  • 2018年7月、『宝塚巴里祭2018』
  • 2019年12月、タカラヅカスペシャル2019『Beautiful Harmony』

TV出演[編集]

広告[編集]

  • 2018 - 2021年、『TOCCA』[10]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 『宝塚おとめ 2021年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2021年、146頁。ISBN 978-4-86649-158-5。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l Memories of 遥羽らら タカラヅカ・スカイ・ステージ。
  3. ^ a b c d e f 山岸利行 (2019年7月25日). “<華宝塚>キュートさも大人の色気も 遥羽らら(宙組)”. 東京新聞. https://www.tokyo-np.co.jp/article/7340 2020年8月31日閲覧。 
  4. ^ a b c d e f 『To The Future/宝塚GRAPH 2015年2月号』 宝塚クリエイティブアーツ、2015年、107頁。
  5. ^ a b “瑠風輝 初主演に堂々演技、初々しく「ここに立っていることが奇跡」”. スポニチAnnex. (2016年1月19日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/01/19/kiji/K20160119011887890.html 2019年12月7日閲覧。 
  6. ^ a b 村上久美子 (2017年2月21日). “宙組・留依蒔世が新人公演初主演「ほんとに緊張」”. 日刊スポーツ. https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1782194.html 2019年12月7日閲覧。 
  7. ^ a b 橘涼香 (2018年1月26日). “不老不死の苦悩から浮かび上がる愛の尊さを描く愛月ひかる東上初主演作品! 宝塚宙組公演『不滅の棘』”. 宝塚ジャーナル. http://takarazuka-j.blog.jp/archives/1891069.html 2019年12月7日閲覧。 
  8. ^ a b c 宝塚宙組・桜木みなと外部劇場初主演作「壮麗帝」4か月半の時を経て待望の開幕! スポーツ報知。
  9. ^ a b c 宙組、桜木みなと主演「壮麗帝」開幕 コロナ禍で4カ月半遅れ デイリースポーツ。
  10. ^ 宝塚歌劇団 宙組 星風(ほしかぜ)まどかさん、遥羽(はるは)ららさん、天(あま)彩(いろ)峰里(みねり)さんを起用 NEWSCAST。