選定保存技術

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

選定保存技術(せんていほぞんぎじゅつ)は、文化財の保存のために欠くことのできない伝統的技術または技能である「文化財の保存技術」のうち、保存の措置を講ずる必要のあるもの。

日本での制度上の位置づけ[編集]

文化財の保存のために欠くことのできない材料製作、修理、修復などの伝統的な技術は、文化財には該当しないが、文化財保護法による保護の対象となっている。文部科学大臣は、選定保存技術を選定し(第147条第1項)、その技術の保持者または保持団体を認定する(第147条第2項)。

選定保存技術[編集]

  • 規矩術 (近世規矩)
  • 屋根瓦葺(本瓦葺き)
  • 建具製作
  • 鋳物製作
  • 檜皮葺・柿葺

など

脚注[編集]