選抜高等学校野球大会 (山形県勢)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

選抜高等学校野球大会(いわゆる「春の甲子園」「センバツ」)においての山形県勢の成績について記す。

概要[編集]

山形県勢は戦前の選抜中等学校野球大会のみならず、戦後の選抜高等学校野球大会にも長い間出場できなかった。初出場は1973年の日大山形であり、これは47都道府県で最も遅い初出場の県であった(即ち、山形県の初出場によって空白県が無くなった)。その大会で、に5-2で勝利し、47都道府県で最も遅い選抜大会初勝利の県を記録した。出場回数は少ないが、初戦敗退が多くない事も手伝って勝率は東北6県の中でも高い。2005年には羽黒が並み居る強豪を次々に撃破し、ベスト4入りを果たした。

選抜中等学校野球大会[編集]

1924年に選抜中等学校野球大会が始まったが、山形県勢の選抜出場はない。

選抜高等学校野球大会[編集]

年度 代表校 全国大会成績 備考
1973年第45回大会 日大山形(初出場) 1回戦 ○ 5-2 (鳥取)
2回戦 ● 1-12 天理(奈良)
2回戦敗退
1975年第47回大会 日大山形(2年ぶり2回目) 1回戦 ○ 5-0 初芝(大阪)
2回戦 ● 1-12 豊見城(沖縄)
2回戦敗退
1977年第49回大会 酒田東(初出場) 1回戦 ● 0-10 豊見城(沖縄) 1回戦敗退
1979年第51回大会 鶴商学園(初出場) 1回戦 ○ 5-2 天理(奈良)
2回戦 ● 0-5 池田(徳島)
2回戦敗退
1982年第54回大会 日大山形(7年ぶり3回目) 1回戦 ○ 4-1 星稜(石川)
2回戦 ● 3-5 尾道商(広島)
2回戦敗退
1986年第58回大会 東海大山形(初出場) 1回戦 ● 1-7 松商学園(長野) 1回戦敗退
1988年第60回大会 東海大山形(2年連続2回目) 2回戦 ● 0-1x 倉吉東(鳥取) 2回戦(初戦)敗退
2002年第74回大会 酒田南(初出場) 1回戦 ● 5-7 鳴門工(徳島) 1回戦敗退
2004年第76回大会 東海大山形(16年ぶり3回目) 1回戦 ○ 3-2 報徳学園(兵庫)
2回戦 ○ 6-1 金沢(石川)
準々決勝 ● 6-11 明徳義塾(高知)
ベスト8
2005年第77回大会 羽黒(初出場) 1回戦 ○ 2-1 八幡商(滋賀)
2回戦 ○ 8-2 如水館(広島)
準々決勝 ○ 5-1 東邦(愛知)
準決勝 ● 0-4 神村学園(鹿児島)
ベスト4
2010年第82回大会 山形中央(初出場) 1回戦 ● 4-14 日大三(西東京) 1回戦敗退
2013年第85回大会 山形中央(3年ぶり2回目) 2回戦 ○ 6-2 岩国商(山口)
3回戦 ● 1-11 浦和学院(埼玉)
3回戦敗退
2018年第90回大会 日大山形(36年ぶり4回目) 2回戦 ● 3 - 5 智弁学園(奈良) 2回戦(初戦)敗退

学校別成績[編集]

県勢の選抜大会での通算成績は10勝12敗。勝率4割5分5厘。4強1回,8強1回。

  • 2018年選抜終了時点(前身校時代も含む)
校名 出場回数(回) 選抜成績 初出場年(年) 最終出場(年) 最高成績
1 東海大山形 3 2勝3敗 1986 2004 ベスト8
2 日大山形 4 3勝4敗 1973 2018 2回戦敗退
3 山形中央 2 1勝2敗 2010 2013 3回戦敗退
4 羽黒 1 3勝1敗 2005 2005 ベスト4
5 鶴岡東[1] 1 1勝1敗 1979 1979 2回戦敗退
6 酒田東 1 0勝1敗 1977 1977 初戦敗退
7 酒田南 1 0勝1敗 2002 2002 初戦敗退
- 山形県 13 10勝13敗 1973 2018 ベスト4

脚注[編集]

  1. ^ 鶴商学園高校時代に出場。

関連項目[編集]