選抜高等学校野球大会 (鳥取県勢)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

選抜高等学校野球大会における鳥取県勢の成績について記す。

選抜中等学校野球大会[編集]

  • 1924年に初開催された頃は、県勢ではすでに鳥取中(現・鳥取西)が全国中等学校優勝野球大会で活躍し名を馳せていた。同校は1927年の第4回大会で初出場、1933年にも出場しているが、夏のように上位進出はしていない。
  • 1932年には鳥取二中(現・鳥取東)が同校唯一の出場を果たしている。
  • 1935年には米子中(現・米子東)が初出場を果たしているが、これ以後の県勢の出場は、1960年までの25年のブランクとなる。
年度(大会) 代表校 全国大会成績
1927年(第4回大会 鳥取一中(初出場) 1回戦 ● 7 - 8x 松山商(延長13回)
1932年(第9回大会 鳥取二中(初出場) 1回戦 ● 2 - 3x 小倉工
1933年(第10回大会 鳥取一中(6年ぶり2度目) 1回戦 ○ 9 - 7 長崎商
2回戦 ● 3 - 5 岐阜商
1935年(第12回大会 米子中(初出場) 2回戦 ● 2 - 5 島田商

選抜高等学校野球大会[編集]

  • 1960年に岡本利之率いる米子東が2度目の出場を果たすと、宮本洋二郎の好投と隙のないバント戦法で勝ち進み、決勝戦に進出した。決勝では高松商に春夏通じ初(選抜唯一)のサヨナラ優勝本塁打を浴び敗れたが、これは現在まで春夏通じて山陰勢唯一の決勝進出である。翌1961年にも左腕・矢滝伸高の力投でベスト4に入った。
  • 1970年代後半からは倉吉北が台頭した。特に1979年と1981年には矢田万寿男、坂本昇の力投で、それぞれベスト8、ベスト4に進出し、「山陰の暴れん坊」と呼ばれた。
  • 1988年には全国高校野球選手権大会の第1回大会から予選に出場している倉吉東が悲願の初出場を果たし、強豪をなぎ倒して2勝を挙げた。
  • 平成に入ってからは倉吉東、米子商(現・米子松蔭)、鳥取西、米子東が出場を果たしているが、今ひとつ力を発揮できない。特に1997年から2006年にかけての県勢は、選抜の重要な選考資料となる秋季中国大会において2003年鳥取城北が4強に進出した以外は、初戦の勝利を挙げることもままならなかった。
  • 2007年秋の中国大会で、鳥取県勢が久しぶりに活躍。出場3校がいずれも広島県勢を破り初戦を突破した。特に八頭は準優勝の活躍をみせ、翌春の第80回大会へ出場。初戦で平木良典が投球数79で完封勝利した。
  • 2008年秋の中国大会では鳥取城北が、2010年の大会では鳥取中央育英が4強入りを果たしているが、選抜大会への出場はならなかった。
  • 2011年秋の中国大会で鳥取城北が鳥取県勢としては47年ぶりに優勝を果たし、選抜初出場を果たした(開幕試合で三重に敗退)。
年度(大会) 代表校 全国大会成績
1960年(第32回大会 米子東(25年ぶり2度目) 2回戦 ○ 2 - 1 大宮
準々決勝 ○ 4 - 2 松阪商
準決勝 ○ 2 - 0 秋田商
決勝 ● 1 - 2x 高松商
1961年(第33回大会 米子東(2年連続3度目) 2回戦 ○ 2 - 1 掛川西
準々決勝 ○ 2 - 1 敦賀(延長16回)
準決勝 ● 1 - 4 高松商
1965年(第37回大会 米子東(4年ぶり4度目) 2回戦 ● 0 - 4 高松商
1966年(第38回大会 米子東(2年連続5回目) 1回戦 ○ 6 - 1 富士宮北
2回戦 ○ 2 - 0 高知
準々決勝 ● 2 - 11 中京商
1970年(第42回大会 米子東(4年ぶり6回目) 1回戦 ● 0 - 5 津久見
1972年(第44回大会 鳥取工(初出場) 1回戦 ● 1 - 2 市神港
1973年(第45回大会 (初出場) 1回戦 ● 2 - 5 日大山形
1974年(第46回大会 境(2年連続2回目) 1回戦 ○ 8 - 1 長良
2回戦 ● 0 - 7 和歌山工
1975年(第47回大会 倉吉北(初出場) 1回戦 ● 1 - 6 福井商
1977年(第49回大会 米子東(7年ぶり7度目) 1回戦 ● 0 - 5 県岐阜商
1979年(第51回大会 倉吉北(4年ぶり2回目) 1回戦 ○ 1 - 0 静岡
2回戦 ○ 7 - 4 高松商
準々決勝 ● 1 - 5 箕島
1980年(第52回大会 倉吉北(2年連続3度目) 1回戦 ● 4 - 5 東海大三
1981年(第53回大会 倉吉北(3年連続4回目) 1回戦 ○ 5 - 4 鳴門商
2回戦 ○ 3 - 2 中京商
準々決勝 ○ 2 - 1 高松商
準決勝 ● 0 - 4 PL学園
1988年(第60回大会 倉吉東(初出場) 1回戦 ○ 10 - 3 市船橋
2回戦 ○ 1 - 0 東海大山形
3回戦 ● 2 - 4 桐蔭学園
1989年(第61回大会 倉吉東(2年連続2回目) 1回戦 ● 1 - 4 尼崎北
1990年(第62回大会 鳥取西(57年ぶり3回目) 1回戦 ● 1 - 4 高松商
1992年(第64回大会 米子商(初出場) 1回戦 ● 0 - 1 天理
1993年(第65回大会 鳥取西(3年ぶり4回目) 2回戦 ○ 9 - 4 秋田経法大付
3回戦 ● 0 - 5 長崎日大
1996年(第68回大会 米子東(19年ぶり8回目) 1回戦 ○ 9 - 7 釜石南
2回戦 ● 4 - 8 大阪学院大高
2008年(第80回大会 八頭(初出場) 2回戦 ○ 1 - 0 宇都宮南
3回戦 ● 0 - 1 東洋大姫路
2012年(第84回大会 鳥取城北(初出場) 1回戦 ● 5 - 6 三重
2015年(第87回大会 米子北(初出場) 1回戦 ● 1 - 14 常総学院
2019年(第91回大会 米子東(23年ぶり9回目) 1回戦 ● 1 - 4 札幌大谷

通算成績[編集]

勝利 敗戦 引分 勝率 優勝 準優勝 4強 8強
19 27 0 .413 0 1 2 2

学校別成績[編集]

校名 出場数 通算成績 最高成績
米子東 9回 8勝9敗 準優勝
倉吉北 4回 5勝4敗 ベスト4
鳥取西 4回 2勝4敗 3回戦
倉吉東 2回 2勝2敗 3回戦
2回 1勝2敗 2回戦
八頭 1回 1勝1敗 3回戦
鳥取東 1回 0勝1敗 初戦敗退
鳥取工 1回 0勝1敗 初戦敗退
米子松蔭 1回 0勝1敗 初戦敗退
鳥取城北 1回 0勝1敗 初戦敗退
米子北 1回 0勝1敗 初戦敗退
通算 27回 19勝27敗 準優勝

関連項目[編集]