選挙制度審議会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

選挙制度審議会(せんきょせいどしんぎかい)とは内閣府審議会等で、選挙制度審議会設置法に基づいて設置された機関である。1961年に第1次審議会が設置されて以降、過去に8回設置されている[1]

概要[編集]

次に掲げる事項に関し、内閣総理大臣の諮問に応じて調査審議する。また自ら調査審議して内閣総理大臣に意見を申し出ることができる。

  • 公の選挙及び投票の制度に関する重要事項
  • 国会議員の選挙区及び各選挙区において選挙すべき議員の数を定める基準及び具体案の作成に関する事項(1994年以降は衆議院議員選挙区画定審議会の所掌に属するものを除く)
  • 政党その他の政治団体及び政治資金の制度に関する重要事項
  • 選挙公明化運動の推進に関する重要事項

委員[編集]

委員27人以内で組織する。特別の事項を調査審議するため必要があるときは、特別委員を置くことができる。委員は学識経験のある者のうちから、特別委員は国会議員及び学識経験のある者のうちから内閣総理大臣が任命する。国会議員のうちから任命された特別委員は、国会議員の選挙区及び各選挙区において選挙すべき議員の数を定める具体案の作成については、その調査審議に加わることができない。

脚注[編集]

  1. ^ “〈解〉選挙制度審議会”. 読売新聞. (2013年5月1日) 

関連項目[編集]