邑上守正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
邑上 守正
むらかみ もりまさ
生年月日 (1957-10-09) 1957年10月9日(62歳)
出生地 東京都武蔵野市
出身校 早稲田大学理工学部
所属政党 無所属
配偶者

当選回数 3回
在任期間 2005年10月10日 - 2017年10月8日
テンプレートを表示

邑上 守正(むらかみ もりまさ、1957年10月9日 - )は、日本政治家。元東京都武蔵野市長(3期)。

来歴[編集]

市内で生まれ育った。武蔵野市立大野田小学校武蔵野市立第四中学校東京都立立川高等学校早稲田大学理工学部建築学科卒業[1]

大学卒業後は株式会社アーバンデザインコンサルタント都市計画(特に景観の計画)に携わった。また都市環境デザイン会議(JUDI)の広報・出版委員長を務める。

一級建築士技術士(建設部門)の資格を取得している。

2003年平成15年)4月の武蔵野市長選挙に無所属で出馬したが次点で落選、当時現職の土屋正忠に5,000票以上の大差をつけられた。投票率は50.44%[2]

2005年(平成17年)9月の土屋の衆議院選挙立候補による辞職に伴い、同年10月に実施された武蔵野市長選挙において、土屋市政を批判する武蔵野市民が立ち上げた「むさしの改革宣言2005」により擁立され、生活者ネットワーク民主党共産党社民党・むさしのリニューアルの支持を受けて出馬。22,013票を獲得し、初当選を果たす。投票率は44.67%。

2009年(平成21年)10月の武蔵野市長選挙では、前回同様無所属(生活者ネット・民主・共産・社民・むさしのリニューアル支持)で出馬。自民党公明党推薦の新人候補を破り、前回を上回る33,668票を獲得、再選を果たす。投票率は43.03%。

2013年(平成25年)10月の武蔵野市長選挙では、前武蔵野市議会議員の新人2候補を破り、前回より下回るも25,573票を獲得し3選。投票率は41.29%。

2017年(平成29年)10月の武蔵野市長選挙には出馬しなかった。

武蔵野市長として[編集]

著書[編集]

脚注[編集]