那波藩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

那波藩(なわはん)は、徳川家康の関東移封後から江戸時代初期にかけ、上野国那波郡(現在の群馬県伊勢崎市玉村町前橋市の各一部)に置かれた

書籍によっては、藩として扱われなかったり、伊勢崎藩として扱われたりすることがある[注釈 1]

藩史[編集]

前橋
前橋
伊勢崎
伊勢崎
那波
那波
善養寺
善養寺
那波藩の位置
関連地図

天正18年(1590年)の小田原征伐後、関東に入部した徳川家康は、松平家乗に上野国那波郡内1万石を与えた。城地は那波城(現在の伊勢崎市堀口町)とされる[1]。『群馬県史』(1927年版)はこれをもって那波藩の成立とみなしている[1]。家乗は慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦い三河吉田城を守備した功績などを賞されて、慶長6年(1601年)正月に2万石に加増の上で美濃岩村藩に加増移封となった。

次いで那波郡を領有したのは、徳川秀忠に側近として仕えていた酒井忠世である。忠世は、父の酒井重忠が与えられた武蔵川越近辺で5000石の所領を持っていた[2]。慶長6年(1601年)2月、重忠が前橋に移封された際に[2]、忠世も5000石を加増の上移封されて那波1万石の領主となった[2]。忠世は、慶長10年(1605年)に在京料として近江国内(栗太郡・日野郡・野洲郡などの内)に5000石を加増[2]、慶長14年(1609年)に那波郡善養寺村(現在の前橋市東善町西善町付近)など5000石の加増を受け[2]、都合2万石の領主となって[2]、善養寺を居所とした[2][注釈 2]。忠世はその後も加増を重ね、元和2年(1616年)には稲垣長茂が転出した後の伊勢崎領1万石も所領に組み込んだ(『ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典』は、忠世が3万2000石の加増を受け[3]伊勢崎に5万2000石で入封した、とする[4])。元和3年(1617年)、酒井重忠が死去すると忠世は家督を継ぎ、従来の知行地と父の遺領である前橋藩領を併せ、8万5000石の大名として前橋城に移った。

寛永14年(1637年)、前橋藩主酒井忠清(忠世の孫)は弟の酒井忠能に対し、父の遺領から上野国(佐位郡・那波郡)・武蔵国のうち2万2500石を分与した[2]。『群馬県史』(1927年版)は忠能を那波藩主として掲出しているが[2]、伊勢崎藩主とする解釈もある[5]寛文2年(1662年)6月に忠能は信濃小諸藩に移封されて廃藩となり[5]、伊勢崎領(那波領)は再び前橋藩領となった[5]

歴代藩主[編集]

松平(大給)家[編集]

1万石。譜代

  1. 家乗(いえのり)

酒井家[編集]

1万石→2万石。譜代。

  1. 忠世(ただよ)

酒井家[編集]

2万2500石。譜代。

  1. 忠能(ただよし)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『日本史広辞典』巻末付録「大名配置」一覧表に「那波藩」は掲出されておらず、忠能は伊勢崎藩主として記している。
  2. ^ 『群馬県史 第2巻』(1927年)には居所を「安養寺」とし「もと新田郡の属」と割注を付している。

出典[編集]

  1. ^ a b 『群馬県史 第2巻』(1927年)、p.28
  2. ^ a b c d e f g h i 『群馬県史 第2巻』(1927年)、p.29
  3. ^ 酒井忠世”. ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典(コトバンク収録). 2019年8月20日閲覧。
  4. ^ 伊勢崎藩”. ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典(コトバンク収録). 2019年8月20日閲覧。
  5. ^ a b c 井上定幸. “伊勢崎藩”. 日本大百科全書(ニッポニカ)(コトバンク収録). 2019年8月20日閲覧。

参考文献[編集]

  • 群馬県教育会(編)『群馬県史 第2巻』群馬県教育会、1927年。2019年8月20日閲覧。