邦なつき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

邦 なつき(くに なつき、8月14日[1] - )は、元宝塚歌劇団専科の女役[1][2]。元月組組長[3]

大阪府大阪市[1][2]市立扇町高等学校出身[1]。身長160cm[1]。愛称は「まり」[1]

来歴[編集]

1970年、宝塚音楽学校入学。

1972年、宝塚歌劇団に58期生として入団[2]。入団時の成績は15番[4]雪組公演「かぐらザ・フラワー」で男役として初舞台[1][4]

1973年、月組に配属。

1974年に娘役へと転向する[4][2]

1976年の「バレンシアの熱い花」で新人公演初ヒロイン[5]

1990年6月30日付で専科へと異動[6]

1993年8月1日付で月組へ異動となり、月組組長に就任[3]

1996年11月8日付で再び専科へと異動。

2011年10月16日、月組「アルジェの男/Dance Romanesque」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団[4][7]

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

初舞台[編集]

月組時代[編集]

専科時代[編集]

  • 1990年8 - 9月、月組川霧の橋』(宝塚大劇場) - お常
  • 1990年10 - 11月、月組『天使の微笑・悪魔の涙』(全国ツアー) - ミッテラー夫人
  • 1990年12月、月組『川霧の橋』(東京宝塚劇場) - お常
  • 1991年11 - 1992年3月、星組紫禁城の落日』 - 麗華
  • 1992年4 - 5月、花組小さな花がひらいた』(全国ツアー) - お久
  • 1992年8 - 9月、雪組ヴァレンチノ』(バウホール) - アラ・ナジモヴァ
  • 1992年10月、星組『ハロー、ジョージ!』(バウホール) - キャサリン・ゴードン
  • 1993年1 - 2月、雪組『ヴァレンチノ』(日本青年館中日劇場) - アラ・ナジモヴァ
  • 1993年2 - 3月、星組『ハロー、ジョージ!』(日本青年館) - キャサリン・ゴードン
  • 1993年5 - 6月、雪組『天国と地獄』(宝塚大劇場のみ) - サンフォーヌ公爵夫人

月組時代[編集]

  • 1993年9 - 10月、『花扇抄』『扉のこちら』 - ポンポーヌ夫人『ミリオン・ドリームズ』(宝塚大劇場のみ)
  • 1994年1 - 2月、『風と共に去りぬ』(宝塚大劇場) - ピティパット
  • 1994年2 - 3月、『たけくらべ』(バウホール) - おまき
  • 1994年4月、『風と共に去りぬ』(東京宝塚劇場) - ピティパット
  • 1994年6 - 8月、『エールの残照』 - シンニード『TAKARAZUKA・オーレ!』(宝塚大劇場)
  • 1994年9 - 10月、『風と共に去りぬ』(全国ツアー) - ピティパット
  • 1994年11月、『エールの残照』 - シンニード『TAKARAZUKA・オーレ!』(東京宝塚劇場)
  • 1994年12 - 1995年1月、『ローン・ウルフ』(バウホール) - タマラ・マリンスキー
  • 1995年4 - 5月、『エールの残照』 - シンニード『TAKARAZUKA・オーレ!』(全国ツアー)
  • 1995年6月、『ハードボイルド・エッグ』 - ママ・ディンズモア『EXOTICA!』(東京宝塚劇場のみ)
  • 1995年8 - 9月、『ME AND MY GIRL』(宝塚大劇場) - ディーン・マリア公爵夫人
  • 1995年10月、『ローン・ウルフ』(日本青年館・愛知厚生年金会館) - タマラ・マリンスキー
  • 1995年12月、『ME AND MY GIRL』(東京宝塚劇場) - ディーン・マリア公爵夫人
  • 1996年2月、『ME AND MY GIRL』(中日劇場) - ディーン・マリア公爵夫人
  • 1996年3 - 5月、『CAN-CAN』 - ラモリス夫人『マンハッタン不夜城』(宝塚大劇場)
  • 1996年6月、『銀ちゃんの恋』(バウホール) - ヤスの母
  • 1996年7月、『CAN-CAN』 - ラモリス夫人『マンハッタン不夜城』(東京宝塚劇場)
  • 1996年8月、『銀ちゃんの恋』(日本青年館) - ヤスの母
  • 1996年9 - 11月、『チェーザレ・ボルジア』 - ヴァノッツァプレスティージュ』(宝塚大劇場のみ)

専科時代[編集]

  • 1997年8月、『ザッツ・レビュー』(花組)清水民
  • 1997年10月、『ブルー・スワン』(花組・バウ、東京特別、名古屋特別)イザベラ
  • 1998年2月、『ザッツ・レビュー』(花組・中日劇場)清水民
  • 1998年3月、『ダル・レークの恋』(星組)インディラ・クマール
  • 1998年4月、『ダル・レークの恋』(星組・全国ツアー)インディラ・クマール
  • 1998年6月、『皇帝』(星組)アグリッピナ
  • 1999年12月、『プロヴァンスの碧い空』(月組・ドラマシティ)カトリーヌ・サルニイ
  • 2000年3月、『聖者の横顔』(星組・バウ、東京特別)ジョアンナ
  • 2000年9月、『トム・ジョーンズの華麗なる冒険』(花組・バウ、東京特別)エリザベス・ウエスタン
  • 2001年3月、『ベルサイユのばら2001 -オスカルとアンドレ編-』(星組)モンゼット夫人
  • 2002年4月、『風と共に去りぬ』(日生劇場)メリーウェザー夫人
  • 2002年8月、『専科エンカレッジ スペシャル』(バウ)
  • 2002年10月、『ホップ スコッチ -Hopscotch石けり-』(雪組・バウ、東京特別)スーザン・ブラウニング
  • 2003年2月、『傭兵ピエール -ジャンヌ・ダルクの恋人-』(宙組)ヨランド[2]
  • 2004年4月、『ジャワの踊り子』(月組・全国ツアー、花組・全国ツアー)王妃[2]
  • 2004年9月、『花供養』(日生劇場)水無瀬
  • 2004年11月、『青い鳥を捜して』(雪組)フローレンス
  • 2006年1月、『ベルサイユのばら -フェルゼンとマリー・アントワネット編-』(星組)マリア・テレジア
  • 2006年11月、『維新回天・竜馬伝! -硬派・坂本竜馬III-』(宙組)お登勢
  • 2007年6月、『バレンシアの熱い花』(宙組)セレスティーナ侯爵夫人
  • 2007年10月、『バレンシアの熱い花』(宙組・全国ツアー)セレスティーナ侯爵夫人
  • 2008年5月、『愛と死のアラビア -高潔なアラブの戦士になったイギリス人-』(花組)アミナ
  • 2008年10月、『銀ちゃんの恋』(花組・ドラマシティ、東京特別)ヤスの母
  • 2009年2月、『外伝ベルサイユのばら -アンドレ編-』(宙組・中日劇場)マロン・グラッセ
  • 2009年7月、『フィフティ・フィフティ』(花組・バウ)ヘレン婆さん
  • 2009年9月、『外伝ベルサイユのばら -アンドレ編-』(花組)マロン・グラッセ
  • 2010年2月、『紫子』(月組・中日)たず
  • 2010年9月、『銀ちゃんの恋』(宙組・全国ツアー)ヤスの母
  • 2011年7 - 10月、月組『アルジェの男』 - ポーラ・シャルドンヌ 退団公演

宝塚歌劇団退団後の主な活動[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g 『宝塚おとめ 2011年度版』 阪急コミュニケーションズ、2011年、8頁。ISBN 978-4-484-11505-4。
  2. ^ a b c d e f The name of タカラジェンヌ 専科 邦なつき 産経新聞ENAK。
  3. ^ a b 80年史, p. 296.
  4. ^ a b c d 100年史(人物), p. 84.
  5. ^ a b 100年史(舞台), p. 295.
  6. ^ 80年史, p. 294.
  7. ^ 『2011年宝塚 Stage Album』 阪急コミュニケーションズ、2012年、85頁。ISBN 978-4-484-12505-3。

参考文献[編集]

  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3。
  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(人物編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14601-0。
  • 企画・構成・執筆:橋本雅夫、編集統括:北川方英『夢を描いて華やかに-宝塚歌劇80年史-』宝塚歌劇団、1994年9月9日。ISBN 4-924333-11-5。