郁久閭庫提

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

郁久閭 庫提漢音:いくきゅうりょ こてい、拼音:Yùjiŭlǘ Kùtí、生没年不詳)は、柔然可汗登注の子で、鉄伐の兄。可汗号はない。

生涯[編集]

天保3年(552年)、阿那瓌突厥に破られて自殺すると、その太子である菴羅辰,従弟の登注俟利,登注の子の庫提らは、群衆を率いて北斉に亡命した。一方、本国に残った余衆は登注の次子の鉄伐を立てて可汗とした。

天保4年(553年)、北斉の文宣帝は登注と子の庫提を北へ送り帰した。そのころ鉄伐が契丹に殺されたので、国人は登注を立てて可汗とした。しかし、まもなくして登注も大人(たいじん:部族長)の阿富提らに殺されたため、国人は庫提を立てて可汗とした。この年、ふたたび突厥に攻められたので、柔然は国を挙げて北斉に亡命した。文宣帝は突厥を北討すると、柔然を迎えて可汗の庫提を廃位し、阿那瓌の子である菴羅辰を立てて可汗とした。

脚注[編集]


参考資料[編集]

  • 北史』(列伝第八十六 蠕蠕)
先代:
登注
柔然可汗
553年
次代:
菴羅辰