郡上市立明宝中学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
郡上市立明宝中学校
国公私立 公立学校
設置者 郡上市
設立年月日 1961年
共学・別学 男女共学
所在地 501-4307
岐阜県郡上市明宝町二間手276
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/中学校テンプレート
テンプレートを表示

郡上市立明宝中学校 (ぐじょうしりつ めいほうちゅうがっこう)は、岐阜県郡上市にある公立中学校

校区は明宝全域であり、明宝小学校の児童が進学する[1]

沿革[編集]

  • 1961年(昭和36年)4月1日 - 郡上郡奥明方村の奥明方村立明方中学校奥明方村立畑佐中学校を統合し、奥明方村立奥明方中学校として開校。名目上の統合であり、旧・明方中学校を気良教場、旧・畑佐中学校を畑佐教場、旧・明方中学校寒水分校を寒水教場、旧・畑佐中学校小川分校を小川教場とする。
  • 1962年(昭和37年)
    • 4月 - 現在地に統一校舎(木造3階建)が完成。気良教場、畑佐教場、寒水教場、小川教場を廃止。遠距離で通学困難な学生のために通年寄宿寮「樹心寮」が完成。
    • 10月 - スクールバスの運行を開始。
  • 1967年(昭和42年) - 校内の集会室に奥明方中学校民俗資料館を設置。
  • 1968年(昭和43年) - 校舎増築し、3階建が4階建となる。
  • 1969年(昭和44年)
    •  7月 - 民俗資料館を校舎4階に移転。
    • 9月9日 - 美濃中部地震により校舎の壁などに損害。交通手段が遮断されたことにより9月15日迄臨時休校。
  • 1970年(昭和45年)
    • 1月 - 民俗資料館を奥明方村に移管[注釈 1]
    • 4月20日 - 奥明方村が明方村に改称。同時に明方村立明方中学校に改称する。
  • 1992年(平成4年)4月1日 - 明方村が明宝村に改称。同時に明宝村立明宝中学校に改称する。
  • 1999年(平成11年) - 現在の校舎が完成。
  • 2001年(平成13年) - 体育館(明宝アリーナ)が完成。
  • 2002年(平成14年) - 樹心寮の最後の利用者2名が卒業し、樹心寮は休寮となる。
  • 2004年(平成16年)3月1日 - 八幡町大和町白鳥町、明宝村、高鷲村美並村和良村が合併し郡上市が発足。同時に郡上市立明宝中学校に改称する。

脚注[編集]

  1. ^ 郡上市立小学校及び中学校の就学区域一覧

注釈[編集]

  1. ^ 現・明宝歴史民俗資料館

参考文献[編集]

  • 明宝村史 通史編 下巻 (1993年 明宝村) P.568 - 573

関連項目[編集]