郡山ジャンクション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
郡山ジャンクション
東北道側のランプウェイ
東北道側のランプウェイ
所属路線 E4 東北自動車道
IC番号 18-1
起点からの距離 220.2km(川口JCT起点)
郡山IC (3.8km)
(2.9km) 本宮IC
所属路線 E49 磐越自動車道
起点からの距離 71.4km(いわきJCT起点)
郡山東IC (7.7km)
(5.1km) 五百川PA
供用開始日 1990年平成2年)10月31日
通行台数 x台/日
所在地 963-0545
福島県郡山市喜久田町赤坂
963-0544
福島県郡山市喜久田町坪沢
テンプレートを表示
BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。
車線の概要図。

郡山ジャンクション(こおりやまジャンクション)は、福島県郡山市にあるジャンクションであり、東北自動車道磐越自動車道が接続されている。

概要[編集]

1990年平成2年)10月に東北自動車道から会津若松・新潟方面が開通し、その後1995年(平成7年)8月にいわき方面が開通した。そのためダブルトランペット型と呼ばれる一般的なトランペット型インターチェンジを2つ組み合わせた形状となっている。また、進路別に路面が色分け(白線の内側に破線がある)されており、誤進入防止に役立っている。

例えば、東北自動車道上り線から磐越自動車道いわき方面へ行く場合、「いわき方面」に2度分岐した後、東北自動車道下り線からの合流があり、その先で左へカーブを描きながらもう一度「いわき方面」へ入らなければならない。

接続している路線[編集]

逆走事故[編集]

2008年(平成20年)2月13日午後5時40分 (JST) ごろ、軽乗用車が逆走事故を起こした。このJCT特有の形状ゆえの事故と考えられている。2月中旬における郡山市でのこの時間は「夜間」と呼べる暗さで、色分けが十分に機能していなかった可能性もある。

経緯は以下の通りとされる(報道[要文献特定詳細情報]による推測)。

  1. 福島・仙台方面より南下してきた軽乗用車は、東北道上り線から分岐した。
  2. 磐越道で会津若松・新潟方面へ行くべく、オレンジ の案内に従って支線内移動を開始した。
  3. ブルーの案内と共有された支線からの分岐も、東北道下り線を緒とする支線との合流も、問題なかった。
  4. ところが、方向感覚が混乱したためか、磐越道下り線との合流点でUターンしてしまったとみられる。
  5. 逆走中の軽乗用車から見て左の車線=順方向から見た追い越し車線を東に約2km走って、2トントラックと正面衝突した。
  • 衝突相手のトラック運転手は、「前を走る大型トラックを抜こうと追い越し車線に出たら、軽乗用車が現れた」と述べている。

画像[編集]

[編集]

E4 東北自動車道
(18) 郡山IC - (18-1) 郡山JCT - (19) 本宮IC
E49 磐越自動車道
(3-1) 郡山東IC - (18-1) 郡山JCT - 五百川PA - (4) 磐梯熱海IC

関連項目[編集]