郡市対抗県内一周駅伝大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

郡市対抗県内一周駅伝大会(ぐんしたいこうけんないいっしゅうえきでんたいかい)は、毎年2月の第3金曜日~日曜日に開催される佐賀県駅伝大会。主催は佐賀新聞社・佐賀陸上競技協会。

概要[編集]

佐賀県内において1961年(昭和36年)から開催されている駅伝大会。全35区間297.9kmの距離を10市6郡の13チームが競う。1日目は基山町から嬉野市までの11区間109.8km、2日目は嬉野市から唐津市までの14区間109.9km、3日目は唐津市から佐賀市までの10区間78.2km。

全国規模(広域的)に報道される事が少ないため、あまり知られていないが、この297.9kmという距離は、確認されている限りでは現在まで行われている(開催が継続中の)駅伝競走では、世界で2番目に長い[注釈 1]

沿革[編集]

第1回 2日間の日程で13チームが参加(鳥栖市AB、三養基郡、神埼郡、佐賀市、多久市、小城郡、唐津市、東松浦郡、伊万里市、西松浦郡、武雄市、鹿島市)

第2回 15チーム参加(佐賀郡、杵島郡、藤津郡が初参加)

第24回 3日間に拡大。高校男子区間新設。(3日目の最終区を除く10km以下の区間に出走可。但し、高校生限定でないため一般も出走できる。)

第34回 女子区間新設。(中学生、高校生、大学生、一般が出走可)

第46回 中学男子区間新設。唐津市と東松浦郡が合併し14チームとなる。

第48回 佐賀市と佐賀郡が合併し13チームとなる。

参加チーム[編集]

チーム一覧[編集]

カッコ内はたすきの色。

  • 鳥栖市(黄緑)
  • 三養基郡(黄)
  • 神埼・吉野ヶ里(オレンジ)
  • 佐賀市(クリーム)
  • 多久市(エンジ)
  • 小城市(茶)
  • 唐津・玄海(赤)
  • 伊万里市(深緑)
  • 西松浦郡(紺)
  • 武雄市(紫)
  • 杵島郡(緑)
  • 鹿島市(青)
  • 嬉野・太良(水)

第45回大会までは、郡市ごとの15チームであったが、市町村合併によりチーム構成やチーム名に変更が生じた。

第46回大会で旧唐津市と旧東松浦郡が合併し、現唐津・玄海チーム発足。 第48回大会で旧佐賀市と旧佐賀郡が合併し、現佐賀市チーム発足。

チーム編成[編集]

監督1人 コーチ4人以内 選手30人 計35人以内 (但し、男子高校生及び女子は5人以内、男子中学生は4人以内)

表彰[編集]

チーム表彰[編集]

  • 総合優勝
  • 日間賞
  • 躍進賞(前年からの時間短縮)
  • 敢闘賞(前年からの順位向上)

個人表彰[編集]

  • 最優秀選手賞
  • 優秀選手賞
  • 新人選手賞
  • 区間賞
  • 区間新記録賞
  • 特別協賛社賞(中学男子、高校男子、女子)
  • 連続出場表彰(5、10、15、20、25、30、35年連続出場)

優勝回数[編集]

  • 佐賀市 41回
  • 小城市 8回
  • 神埼郡 4回
  • 鳥栖市 2回
  • 東松浦郡 2回
  • 杵島郡 1回
  • 伊万里市 1回

(59回大会まで)

市町村対抗駅伝を行っている他の都道府県[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 以前は「世界最長」を誇っていたが、山形県縦断駅伝競走大会の走行距離が見直された(=305.3㎞である)ため。

出典[編集]