部坂俊之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
部坂 俊之
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県横浜市
生年月日 (1974-07-15) 1974年7月15日(44歳)
身長
体重
181 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1998年 ドラフト4位
初出場 NPB / 1999年4月28日
CPBL / 2003年3月23日
最終出場 NPB / 2002年8月4日
CPBL / 2003年5月7日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

部坂 俊之(へさか としゆき、1974年7月15日 - )は、神奈川県横浜市出身の元プロ野球選手投手)。

現在は、東北楽天ゴールデンイーグルス打撃投手。愛称は「ヘサ」。

来歴・人物[編集]

横浜高校から、亜細亜大学に進学。

横浜高校では、1992年第64回選抜高等学校野球大会に主戦投手として出場したが、1回戦敗退した。

亜細亜大学では、東都大学1部リーグ通算34試合、14勝10敗、防御率2.70、126奪三振 、2部リーグ通算5勝2敗を記録。1996年の秋季リーグでは4勝2敗でチーム優勝に貢献し最高殊勲選手、最優秀投手、ベストナインに選ばれた。

その後、東芝府中を経て1998年のドラフト4位で阪神タイガースに入団。入団時、川尻哲郎にあこがれ背番号41番をつけた。

アウトローに流れるスライダーは、一軍級で球速・変化共に申し分ないが左打者からは見やすくあまり活躍できなかった。1999年9月29日の広島戦では、投手の広池浩司にプロ初打席初本塁打を打たれている。2002年に戦力外通告を受け、トライアウトを受験する。

2003年は、郭李建夫の誘いを受け台湾中華職業棒球大聯盟中信ホエールズ入りも同年に解雇される。その後、カナダ独立リーグであるカナディアン・ベースボール・リーグのヴィクトリア・キャピタルズに入団するも、同リーグの解散に伴い帰国。10月末大阪近鉄バファローズの入団テスト、11月5日合同トライアウトを受けるも不合格であった。

2004年は、アメリカの独立リーグトライアウトを受験し、同年夏に引退した。

2005年東北楽天ゴールデンイーグルススタッフ採用テストを受験し、2006年から打撃投手を務める[1]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1999 阪神 16 1 0 0 0 0 1 0 -- .000 96 22.1 24 2 6 1 2 15 0 1 8 8 3.22 1.34
2000 7 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 38 9.1 6 1 4 0 0 3 0 0 1 1 0.96 1.07
2001 2 1 0 0 0 0 1 0 -- .000 14 2.2 4 1 3 0 0 0 0 0 2 2 6.75 2.63
2002 9 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 26 6.1 4 2 2 0 1 5 0 1 3 2 2.84 0.95
2003 中信 6 1 0 0 0 0 1 0 -- .000 57 10.0 20 1 7 0 0 13 0 0 12 10 9.00 2.70
NPB:4年 34 2 0 0 0 0 2 0 -- .000 174 40.2 38 6 15 1 3 23 0 2 14 13 2.88 1.30
CPBL:1年 6 1 0 0 0 0 1 0 -- .000 57 10.0 20 1 7 0 0 13 0 0 12 10 9.00 2.70

記録[編集]

背番号[編集]

  • 41 (1999年 - 2002年)
  • 0 (2003年)
  • 115 (2006年 - )

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

  • 選手の各国通算成績 CPBL