郭伯雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
郭 伯雄
Guo Boxiong.jpg
生誕 1942年7月
陝西省醴泉県
(現・陝西省礼泉県
所属組織 中国人民解放軍陸軍
軍歴 1961 - 2012
最終階級 上将
テンプレートを表示
郭伯雄
プロフィール
出生: 1942年7月??
職業: 軍人
各種表記
繁体字 郭伯雄
簡体字 郭伯雄
拼音 Guō Bóxióng
和名表記: かく はくゆう
発音転記: グオ ボーション
テンプレートを表示
郭伯雄

郭 伯雄(かく はくゆう、1942年7月 - )は中華人民共和国の軍人。蘭州軍区司令員、第一副総参謀長、中国共産党中央政治局委員、党中央軍事委員会第一副主席を歴任。最終階級は上将

経歴[編集]

郭伯雄は1942年、陝西省醴泉に生まれる。1958年8月、陝西省の軍事工業に就職する。1961年9月、徴兵により中国人民解放軍に入隊した。1963年3月、中国共産党に入党。

1981年、蘭州軍区所属の第19軍55師団参謀長に任命され、以後長期間、同軍区に勤務する。1982年、蘭州軍区司令部作站部副部長に任命。1983年、解放軍軍事学院を卒業すると、同年に第19軍参謀長に任命される。1985年、蘭州軍区副参謀長に任命。1988年9月、少将に昇格。1990年6月、第47集団軍軍長に任命。

1993年12月、北京軍区副司令員兼党委員会常務委員に転任。1995年7月、中将に昇格。

1997年、蘭州軍区司令員兼党委員会副書記に任命。同年9月の第15回党大会において党中央委員に選出。

1999年9月の第15期党中央委員会第4回全体会議において党中央軍事委員会委員に補選されるとともに[1]、人民解放軍常務副総参謀長に抜擢され、次期総参謀長に内定[2]。同年9月、上将に昇格。同年10月31日、第9期全人代常務委員会第12回会議において中華人民共和国中央軍事委員会委員に増補された[3]

2002年11月の第16回党大会においては、党中央政治局委員に選出され、総参謀長職を飛び越えて党中央軍事委員会副主席となった。

2007年11月の第17回党大会において、党中央政治局委員および党中央軍事委員会副主席に再選。

2012年11月の第18回党大会において党中央委員、党政治局委員、党中央軍事委員会副主席を退任した。

2015年3月3日、息子の郭正鋼と共に当局に拘束され、汚職問題で追及を受けているとロイターで報道じられた[4][5]

失脚[編集]

引退後の2015年4月、中央規律委員会は北京に軟禁状態の郭を汚職容疑で身柄拘束をした。3月には長男とその妻が拘束されている[6]

2015年7月30日中共中央政治局は郭の党籍を剥奪すると決定した。郭の収賄容疑について最高人民検察院に調査を要請した[7]

2016年7月25日、軍事裁判所は収賄罪に問われた郭に対し、無期懲役を言い渡した。また、郭は上将の階級も剥奪された。郭は上訴をしない意向を表明した[8][9]

脚注[編集]

  1. ^ 中井・今井(2000年)、116ページ。
  2. ^ 平松(2004年)、24ページ。
  3. ^ 全国人民代表大会常務委員会決定任命的名単(1999年10月) (中国語)
  4. ^ http://www.reuters.com/article/2015/03/03/us-china-corruption-exclusive-idUSKBN0LZ0XW20150303 Exclusive: China investigates second top officer for graft - sources
  5. ^ http://www.bbc.co.uk/zhongwen/simp/china/2015/03/150303_guo_boxiong 中国前中央軍委副主席郭伯雄“已被調查”
  6. ^ 中国の元軍制服組トップ、郭伯雄氏が失脚 汚職疑いで取り調べ 習近平氏、軍部掌握へ大なたか - 産経新聞(2015年4月15日閲覧)
  7. ^ 中共中央決定給予郭伯雄開除党籍処分”. 網易 (2015年7月30日). 2015年7月30日閲覧。
  8. ^ 快訊:郭伯雄一審被判処無期徒刑”. 新華社 (2016年7月25日). 2016年7月26日閲覧。
  9. ^ 中国軍元制服組トップの郭伯雄氏に無期懲役 収賄罪、階級も剥奪”. 産経ニュース (2016年7月25日). 2016年7月26日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

 People's Liberation Army Flag of the People's Republic of China.svg 中国人民解放軍
先代:
劉精松
蘭州軍区司令員
1997年11月 - 1999年9月
次代:
李乾元