郭嚴文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
郭 嚴文
Lamigoモンキーズ #21
基本情報
国籍 中華民国の旗 中華民国台湾
出身地 台南市
生年月日 (1988-10-25) 1988年10月25日(29歳)
身長
体重
179 cm
86 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 二塁手遊撃手三塁手
プロ入り 2008年 アマチュア・フリーエージェントとしてシンシナティ・レッズと契約
初出場 CPBL / 2011年4月2日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム チャイニーズタイペイの旗 チャイニーズタイペイ
WBC 2009年2013年
プレミア12 2015年
郭嚴文
各種表記
繁体字 郭嚴文
簡体字 郭严文
拼音 Guō Yánwén
和名表記: かく げんぶん
発音転記: クオ イェンウェン
英語名 Yen-wen Kuo
テンプレートを表示
獲得メダル
男子 野球
チャイニーズタイペイの旗 チャイニーズタイペイ
アジア競技大会
2010
2014

郭 嚴文(クオ・イェンウェン、1988年10月25日 - )は、台湾台南市出身のプロ野球選手内野手)。右投左打。Lamigoモンキーズ所属。

経歴[編集]

レッズ傘下時代[編集]

2008年シンシナティ・レッズと契約し、ルーキー級ガルフ・コーストリーグ・レッズで25試合に出場。打率.281、15打点だった。

2009年はA+級サラソタ・レッズで開幕を迎え、1試合に出場したが、3打数無安打に終わり、5月26日にA級デイトン・ドラゴンズへ降格。A級では8試合に出場したが、打率.174の成績で、6月17日にルーキー級ビリングス・マスタングスへ降格。その後はルーキー級とA級の昇降格を繰り返し、ルーキー級では49試合の出場で、打率.265だったが、A級では15試合の出場で打率.231と結果を残せなかった。

2010年3月29日に放出された。11月に開催された広州アジア競技大会の野球チャイニーズタイペイ代表に選出された。

台湾球界時代[編集]

2010年12月のCPBLドラフト1巡目(全体2位)でLa Newベアーズ(契約後にLamigoモンキーズへ改称)から指名され契約。

2011年は1年目から二塁の定位置を確保し、109試合に出場。打率.301、5本塁打、55打点、1盗塁で、二塁の守備率は.965を記録し、ゴールデングラブ賞を受賞した。

2012年は112試合の出場で、打率.299、15本塁打、72打点、4盗塁だった。9月に開催された第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)予選のチャイニーズタイペイ代表に選出された[1]。11月のキューバ代表との国際親善試合であるサンダーシリーズのチャイニーズタイペイ代表にも選出された[2]

2013年3月に開催された第3回WBC本戦のチャイニーズタイペイ代表に選出された。同大会では5試合に出場[3]。主に9番・二塁として起用され、打率.286だった。

シーズンでは87試合の出場で、打率.276、3本塁打、32打点と自己最低の成績に終わった。

2014年は94試合に出場し、打率.297、8本塁打、49打点、4盗塁だった。オフの9月に開催された仁川アジア競技大会のチャイニーズタイペイ代表に選出された。

2015年7月5日の中信兄弟戦で、台湾プロ野球記録の31試合連続安打(当時・中信兄弟の林易増が1997年に記録)を塗り替える、32試合連続安打を記録した[4]。7月8日の統一セブンイレブン・ライオンズでは33試合連続安打を記録し、当時・広島東洋カープ所属の高橋慶彦が記録したアジア記録に並んだ[5]。この年は109試合に出場し、打率.297、9本塁打、71打点、14盗塁だった。9月30日に第1回WBSCプレミア12チャイニーズタイペイ代表に選出された[6]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2011 Lamigo 109 464 432 57 130 28 3 5 179 55 1 3 5 4 19 1 3 65 11 .301 .333 .414 .747
2012 112 411 374 56 112 24 0 15 181 72 4 2 3 3 28 2 1 36 11 .299 .350 .484 .834
2013 87 326 294 38 81 15 2 3 109 32 0 0 2 3 24 1 2 35 7 .276 .333 .371 .704
2014 94 369 333 45 99 13 1 8 138 49 4 3 1 3 31 1 0 44 11 .297 .356 .414 .770
2015 109 460 421 62 125 20 2 9 176 71 14 4 1 3 33 1 1 71 9 .297 .349 .418 .767
2016 52 209 194 27 67 13 2 4 96 37 2 2 1 2 10 1 1 30 6 .345 .380 .495 .875
通算:6年 563 2239 2048 285 614 113 10 44 879 316 25 14 13 18 145 7 8 281 55 .300 .348 .429 .777
  • 2016年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰[編集]

  • ベストナイン:3回 (2011年、2014年、2015年)

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2012 Qualifier Roster WBC公式サイト (英語) 2015年3月28日閲覧
  2. ^ WBC 資格賽《賽前組訓熱身賽》球員出賽參考名單 (中国語) 2015年4月19日閲覧
  3. ^ 2013 Tournament Roster WBC公式サイト (英語) 2015年3月28日閲覧
  4. ^ Jason Pan (2015年7月7日). “Lamigo’s Smiling Kuo breaks CPBL record”. Taipei Times. 2015年11月18日閲覧。
  5. ^ 林宏翰 (2015年7月9日). “台湾ラミゴ・郭厳文、33試合連続安打 日本人選手のアジア記録に並ぶ”. 中央通訊社. 2015年11月18日閲覧。
  6. ^ 2015第一屆世界12強棒球錦標賽 中華隊28人名單正式公布 中華民國棒球協會官方網站 (中国語) (2015年9月30日) 2015年10月9日閲覧

関連項目[編集]