郭李建夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
郭李 建夫
基本情報
国籍 中華民国の旗 中華民国台湾
出身地 桃園県平鎮市(現:桃園市平鎮区
生年月日 (1969-03-24) 1969年3月24日(49歳)
身長
体重
185 cm
95 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
初出場 NPB / 1993年5月20日
CPBL / 1999年3月16日
最終出場 NPB / 1998年
CPBL / 2003年9月13日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督歴
国際大会
代表チーム チャイニーズタイペイの旗 チャイニーズタイペイ
五輪 1992年
郭李建夫
プロフィール
出生: 1969年3月24日
出身地:  台湾 平鎮市
職業: 野球選手
各種表記
繁体字 郭李建夫
簡体字 郭李建夫
和名表記: かくり けんふ
英語名 Kuo Lee Chien-Fu
テンプレートを表示
オリンピック
男子 野球
チャイニーズタイペイの旗 チャイニーズタイペイ
オリンピック
1992
アジア競技大会
1998

郭李 建夫(クオリー・チェンフー、かくり けんふ、1969年3月24日 - )は、台湾中華民国)の桃園県平鎮市(現:桃園市平鎮区客家出身の元プロ野球選手投手、右投右打)、野球指導者。NPBでは「かくり たてお」の読みで登録名としていた。

経歴[編集]

台湾の俊国ベアーズでプレーしていた1992年シーズン途中にバルセロナオリンピックチャイニーズタイペイ代表に選出された。準決勝の日本戦に投げ勝ち、銀メダル獲得に貢献。

1993年、親日家の父の影響もあり日本のプロ野球でプレーすることを望み、熾烈な争奪戦の結果阪神タイガースに入団。プロの実績がなくアマチュア選手に近い存在だったので、日本人の新人と同じような扱いで「年俸は低く抑えられるが成績不振でもしばらくは解雇されない」という条項が盛り込まれた。

同年はフレッシュオールスターゲームに出場した。7月26日のヤクルトスワローズ戦にて飯田哲也の放った強烈なピッチャーライナーが睾丸を直撃し、マウンド上で悶絶。その後患部がソフトボール大にまで腫れ上がり、7月29日に登録抹消された。この試合は巨人戦以外のナイターとしては珍しく民放で全国中継されており、その後もこの場面は珍プレーのネタとして頻繁に放送されていた。

1998年12月に開催されたバンコクアジア競技大会の野球チャイニーズタイペイ代表に選出された。

入団当時、1軍登録できる外国人選手は2人までという規定があり、1軍の主力であり戦力として欠かせなかったジム・パチョレックトーマス・オマリー両外国人選手との併用に首脳陣は頭を悩ませていた。そのためマスコミは当時世間の話題だった国連平和維持活動(PKO)をもじり、パチョレック・郭李・オマリーの頭文字を取って「(阪神)PKO問題」と報じていたことがある[注 1]。初年度から本人は先発投手一本での起用を希望していたが、他の外国人選手との併用問題やチーム事情により先発・中継ぎ・抑えと便利屋のような扱いを受けており、これによって本人のモチベーションも下がり体重が増加してしまい、アマチュア時代の投球が影を潜めてしまった。

3年目に本格的に先発ローテーションに入ったものの、この年はチームの成績が低迷し、好投しても勝利投手になることは少なかった。4年目のシーズン初めは先発だったものの、ここでもチーム事情のため抑えに転向、一定の成果を上げる。それ以降は故障や起用問題の再燃で登板が激減。阪神には6年間在籍し、退団後は台湾球界に復帰して中信ホエールズで5年間プレーしたのち現役引退。引退後は開南大学で野球部監督を務めている。

2014年に地元台中市で開催された第1回21U野球ワールドカップチャイニーズタイペイ代表監督を務め、優勝に導いている[2]

人物[編集]

チームメートであった中込伸と風貌がそっくりで、入団当初は「実は兄弟ではないか」と話題になった。そのせいもあってか中込は「他人のような気がしない」「僕のお兄さん」と、当時は日本語も話せず日本の生活にも慣れない郭李の面倒をよく見ていた。後には故障とフォーム矯正のために投球までもが中込と見分けが付かなくなった。2人は現在も仲が良く、中込が日本球界のトライアウトに落ち台湾球界入りした際も郭李の助力があった。

阪神時代には、プロ野球名鑑の趣味の項目に「烏龍茶作り」と記述していた(高級茶葉しか飲まなかったという)。

現役引退後[編集]

2016年11月20日に台中インターコンチネンタル野球場で開催された「台湾OB選抜 VS 巨人OB選抜 チャリティー試合」では、11-6とリードしていた9回表に登板(捕手は呂明賜)も、雨天が響き1アウトも取れずに巨人に追いつかれて降板した(11-15で巨人OB選抜の勝利)。 また翌年6月14日には、埼玉西武ライオンズ戦(2回戦)で始球式に登場。見事にストライクを投げた。 甲子園での投球は98年以来だという右腕は、「緊張したけど、マウンドに立つと現役時代を思い出した。」と語った。そして試合前にはトークショーを開催。

現在は、台湾の大学開南大学野球部の監督をしている。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1993 阪神 27 3 0 0 0 5 4 2 -- .556 225 51.1 49 2 27 2 1 48 4 0 24 21 3.68 1.48
1994 49 2 0 0 0 7 5 2 -- .583 369 86.0 75 3 38 6 3 70 5 0 32 30 3.14 1.31
1995 30 17 3 2 0 5 12 0 -- .294 501 115.0 103 12 64 5 4 92 8 0 48 43 3.37 1.45
1996 45 6 1 1 0 8 9 15 -- .471 451 104.1 90 11 48 7 3 81 10 0 47 42 3.62 1.32
1997 5 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 24 4.2 6 0 4 0 0 3 0 0 4 3 5.79 2.14
1998 11 0 0 0 0 2 1 0 -- .667 69 13.2 14 2 13 2 0 5 1 0 9 7 4.61 1.98
1999 和信
中信
23 23 1 0 0 15 7 0 0 .682 635 152.2 125 2 55 0 7 134 14 0 60 49 2.89 1.18
2000 26 22 1 0 0 10 6 2 0 .625 570 131.2 114 0 68 0 5 107 4 0 52 35 2.39 1.38
2001 20 1 0 0 0 0 1 11 0 .000 105 26.2 20 0 5 1 1 25 3 0 10 7 2.36 0.94
2002 34 1 0 0 0 4 5 16 0 .444 221 54.1 41 1 20 1 2 54 3 0 23 14 2.32 1.12
2003 31 12 0 0 0 9 6 8 0 .600 418 94.1 94 4 36 4 3 95 3 0 44 32 3.05 1.38
NPB:6年 167 28 4 3 0 27 31 19 -- .466 1639 375.0 337 30 194 22 11 299 28 0 164 146 3.50 1.42
CPBL:5年 134 59 2 0 0 38 25 37 0 .603 1949 459.2 394 7 184 6 18 415 27 0 189 137 2.68 1.26
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 和信(和信ホエールズ)は、2002年に中信(中信ホエールズ)に球団名を変更

タイトル[編集]

CPBL
  • 最多勝利:1回 (1999年)
  • 最優秀救援投手:1回 (2002年)

表彰[編集]

NPB

記録[編集]

NPB
  • 初登板:1993年5月20日、対中日ドラゴンズ7回戦(福井県営球場)、8回表に4番手で救援登板、1回無失点
  • 初奪三振:同上、8回表に中村武志から
  • 初先発:1993年5月26日、対横浜ベイスターズ10回戦(横浜スタジアム)、2回1/3を5失点で敗戦投手
  • 初勝利:1993年7月9日、対読売ジャイアンツ15回戦(阪神甲子園球場)、9回表に2番手で救援登板・完了、1回無失点
  • 初セーブ:1993年7月13日、対中日ドラゴンズ13回戦(阪神甲子園球場)、9回表に2番手で救援登板・完了、1回無失点
  • 初先発勝利:1995年5月27日、対横浜ベイスターズ6回戦(阪神甲子園球場)、6回2失点
  • 初完投勝利・初完封勝利:1995年6月21日、対横浜ベイスターズ11回戦(横浜スタジアム)

背番号[編集]

  • 20 (1993年 - 1998年)
  • 25 (1999年 - 2003年)

代表歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 後にオマリーが一軍へ定着し、パチョレックと自身の争いとなった際には「PK合戦」と報じられた[1]

出典[編集]

関連項目[編集]