郭貴妃 (明)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

貴妃郭氏(きひ かくし、1392年 - 1425年)は、洪熙帝の寵妃。

経歴[編集]

郭英の孫娘。永楽年間、太子朱高熾(のちの洪熙帝)の邸に入り、側室となった。3人の男子を産んだ。

朱高熾が皇帝に即位すると、貴妃に封じられた。帝は郭貴妃を寵愛したため、祖父郭英侯爵(武定侯)を回復し、郭貴妃の弟・郭玹を指名して継承させた。

即位の翌年の洪熙元年(1425年)5月29日、洪熙帝が急死した。郭貴妃は殉じて亡くなった[1]恭粛貴妃諡号が贈られた。

子女[編集]

  • 1人の女子
  • 滕懐王 朱瞻塏 (1409年− 1425年) − 郭貴妃の殉死から1か月後に死去。
  • 梁荘王 朱瞻垍
  • 衛恭王 朱瞻埏

伝記資料[編集]

  • 明史
  • 『明仁宗実録』

脚注[編集]

  1. ^ 誠孝皇后(洪熙帝の正室)の命令で殉死させられたと考えられている。