郭阜林

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
郭 阜林
Kuo Fu-Lin
統一ライオンズ #5
郭阜林 (36521854032) (cropped).jpg
2017年8月18日
基本情報
国籍 中華民国の旗 中華民国台湾
出身地 台南市
生年月日 (1991-01-07) 1991年1月7日(29歳)
身長
体重
181 cm
90 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手
プロ入り 2010年 アマチュアFA
初出場 CPBL / 2015年8月12日
年俸 月給26万台湾元(2019年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
郭 阜林
各種表記
繁体字 郭 阜林
拼音 Guō Fùlín
注音符号 ㄍㄨㄛㄈㄨˋㄌㄧㄣˊ
和名表記: かく ふりん
発音転記: グォ・フーリン
英語名 Kuo Fu-Lin
テンプレートを表示

郭 阜林(グォ・フーリン、1991年1月7日 - )は、台湾中華民国)の台南市出身のプロ野球選手内野手)。

経歴[編集]

高校時代から野球を始め、台湾体育学院進学後の2010年ニューヨーク・ヤンキースとマイナー契約を結んだ。台湾の野球選手としてヤンキースと契約するのは2000年の王建民以来。

2010年はルーキー級ガルフ・コーストリーグ・ヤンキースでプレー。

2011年もルーキー級ガルフ・コーストリーグでプレー。本職の三塁のほか、レフトや一塁手も経験。オフの10月に開催された第39回IBAFワールドカップチャイニーズタイペイ代表に選出された。

2012年はA-級スタテンアイランド・ヤンキースに昇格。38試合に出場し、0本塁打12打点0盗塁、打率.250の成績だった。

2013年から外野手登録に変更。A級チャールストン・リバードッグスに昇格。A+級タンパ・ヤンキースでもプレーした。

オフの11月に台湾で行われた「2013 BASEBALL CHALLENGE 日本 VS チャイニーズ・タイペイ」のチャイニーズタイペイ代表に選出された[1]。しかし、12月18日に解雇された[2]

2014年は台湾に帰国し、アマチュア野球・ポップコーンリーグの全球人壽國訓隊に加入した。

2015年CPBLのドラフト会議で統一ライオンズから7位指名を受け入団した[3]

2017年オフの10月11日に2017 アジア プロ野球チャンピオンシップ チャイニーズタイペイ代表に選出された[4]

2020年6月に飲酒運転を行い罰金3万台湾元、2試合の出場停止を罰せられた[5]。9月5日の中信兄弟戦ではCPBL新記録となる1試合3死球を受けた[6]。最終的には77試合に出場し打率292、16本塁打、63打点でシーズンを終えた。一方、台湾シリーズでは打率.111と苦しんだ[7]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2015 統一 33 124 113 17 28 6 0 7 55 17 0 0 0 1 7 1 2 46 2 .248 .306 .487 .793
2016 28 75 69 10 15 4 2 1 26 11 0 1 0 1 4 0 1 31 1 .217 .267 .377 .644
2017 60 200 179 37 53 10 0 11 96 34 1 2 1 3 16 0 1 50 2 .296 .352 .536 .888
2018 115 471 419 84 119 28 2 19 208 76 11 1 1 6 33 0 12 101 15 .284 .349 .496 .845
2019 62 210 190 19 35 13 0 5 63 17 1 1 0 2 13 0 5 62 3 .184 .252 .332 .584
2020 77 284 253 43 74 15 3 16 143 63 2 1 0 3 15 0 13 62 6 .292 .359 .565 .924
通算:6年 375 1364 1223 210 324 76 7 59 591 218 15 6 2 16 88 1 34 352 29 .265 .328 .483 .811
  • 2020年度シーズン終了時

表彰[編集]

CPBL

記録[編集]

初記録
CPBL
  • 初出場・初先発出場・初打席:2015年8月12日、対Lamigoモンキーズ28回戦(新竹市立中正野球場)、7番・三塁手で先発出場、2回裏に雷盾から中飛
  • 初打点:同上、3回裏に雷盾から右犠飛
  • 初安打:2015年8月13日、対Lamigoモンキーズ29回戦(新竹市立中正野球場)、4回裏に許銘傑から右安
  • 初ホームラン:2015年9月1日、対中信兄弟31回戦、4回裏に克蘭頓から右越2ラン
  • 初盗塁:2017年8月26日、対Lamigoモンキーズ32回戦、3回表に三盗(投手:道恩斯、捕手:嚴宏鈞
その他の記録
CPBL

背番号[編集]

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2013 BASEBALL CHALLENGE「日本 VS チャイニーズ・タイペイ」チャイニーズ・タイペイ代表”. 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト. 2014年1月9日閲覧。
  2. ^ Jason Cohen (2013年12月18日). “Yankees release 16 minor league players”. Pinstripe Alley. 2014年12月28日閲覧。
  3. ^ Lee (avonlee1114). “2015年【中華職棒季中選秀】6月29日(一) @ ken&yoyo棒球部落 :: 痞客邦 ::” (中国語). ken&yoyo棒球部落. 2015年9月14日閲覧。
  4. ^ 洪一中總教練領軍 亞冠賽25人名單出爐 中華職棒大聯盟全球資訊網 The Official Site of CPBL (中国語) (2017年10月11日) 2017年10月22日閲覧
  5. ^ 聯合新聞網 (20200615T070000Z). “中職/郭阜林酒駕遭懲處 野球人生大起大落 | 聯合新聞網:最懂你的新聞網站” (中国語). 聯合新聞網. 2020年6月15日閲覧。
  6. ^ 中華職棒大聯盟全球資訊網 The Official Site of CPBL”. www.cpbl.com.tw. 2020年9月5日閲覧。
  7. ^ 中華職棒大聯盟全球資訊網 The Official Site of CPBL”. www.cpbl.com.tw. 2020年11月8日閲覧。