郭馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

郭 馬(かく ば、生没年不詳)は、中国三国時代の武将。

経歴[編集]

当時、合浦太守脩允の部曲の督(部隊長)だった。部曲は武将の私兵的存在であり、代々脩允の家に従っていた。脩允は始安太守に転じたが、病気のため郭馬に先遣隊として五百の兵を与え、非漢民族を慰撫させた。

天紀3年(279年)、脩允が病死すると、兵達は他の武将に分割されることになった。しかし郭馬達は分割を嫌がったという。丁度その頃、孫晧は徴税のために広州戸籍の実数調査を行おうとした。同年夏、郭馬は何典・王族・呉述・殷興らと反乱を起こし、広州督の虞授、南海太守留略を攻め殺した。また都督広二州諸軍事・安南将軍を自称し、殷興を広州刺史に、呉述を南海太守に勝手に任命した。さらに蒼梧郡始興郡へ侵攻した。

呉は滕脩に鎮圧を命じ、陶璜陶濬兄弟を援軍に派遣したが、鎮圧できないまま11月に西晋の侵攻を受けた。その結果、呉は反乱鎮圧どころではなくなり、翌年(280年)西晋に降伏することとなった(呉の滅亡)。

郭馬のその後は不詳であり、西晋に採り立てられたのか、それ以前に死去したのかも不明である。

西晋の陸機は『弁亡論』で、西晋の呉征服戦である「太康の役」と、郭馬の反乱を指す「広州の乱」を、呉滅亡の直接の原因として挙げている。

小説『三国志演義』には登場しない。